SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

Priori 3S LTEにアップデート!実質、今回のアップデートでFOMAプラスエリアに対応

      2016/02/25

priori3s_update_20160222_0

Priori 3S LTEのOTAアップデートが2016年2月22日から配信されています。今回のアップデートで、ビルド番号は

「freetel_FTJ152B_20160124」→「freetel_FTJ152B_20160220

になります。

priori3s_update_20160222_2_r

変更点は下記のようになっています ↓

priori3s_update_20160222_1
  • バッテリーの消費効率を改善しました。
  • APNリストを更新しました。
  • 受信感度の調整を行いました。

バッテリーの消費効率が改善したのは嬉しい限りです。
ただ、アップデート以前でも電池持ちはかなり良いと感じていたので、特に今までに問題はなかったかなと思います。それでも更にバッテリーの消費効率の改善によって、持ちがよくなるのであれば大歓迎ですね!

APNリストを更新に関しては、何を変えたのか分かっていませんが、バグ的な要素はまだ残っていました。

priori3s_update_20160222_3_r

新規でAPNを追加したものに対してだけですが、「アクセスポイントの編集」項目で設定(画面右上にあるボタン)を選択すると、「APNの削除」が2つ出てきます。

特に困るような要素ではないので、致命的なものではないですが、直してほしいですね。

一番の改善点は、FOMAプラスエリアで使えるようになったこと

「受信感度の調整」という修正項目がありますが、どうも今回のアップデートでFOMAプラスエリアに対応したようです。

Priori 3S LTEはFOMAプラスエリア対応していると歌っている端末であり、本来ならば、発売開始時からFOMAプラスエリアに対応していなければなりません。しかし、多くの方からFOMAプラスエリアで繋がらない報告が上がっており、多少疑問視されていた問題でした。

上記でも繋がらない人がいることや、正確に検証はしていないが繋がらない可能性がある点が指摘されています。実際に私もアップデート前ではFOMAプラスエリアで通話ができないことを確認済みなので、確実に対応していませんでした。

また、実際にFOMAプラスエリアで電測検証している記事もあります ↓

上記サイトの著者は、電波関連に非常に詳しい方なので参考になります。

個人的に、FREETELからの公式回答を待っていたのですが、メール回答としては「FOMAプラス対象エリア及びシミュレータでの検証結果でも対応している確認ができました。」とのことのようです。公式(ブログやプレスにての)発表は、2016年2月23日時点でされていません。

でも、実際にアップデート前ではFOMAプラスエリアでは繋がっていませんから…端末は対応していた(受信感度の問題で電波を拾えない)としても、実際に繋がらなかったら、事実上、FOMAプラスエリアで使えないとみなすべきです。

で、発覚してから即座に対応したのか、元々アップデートで対応させる予定だったのかは定かではないですが、今回のアップデートでFOMAプラスエリアで繋がるようになっているようです(私自身はFOMAプラスエリアで繋がるか未確認。簡易的な検証では問題なくつながりました)。

とりあえず、アップデートでFOMAプラスエリアで使えるようになったようなので一安心です。FREETELの対応は早かったとはいえ、もう少し説明責任があるのではないかと個人的に感じています。

一般ユーザーの場合、端末を購入してアップデートするほうが稀です。そのまま使っていれば、電波の悪い端末のままとなってしまいますね。とりあえず購入したら、アップデートを済ませましょう。

セキュリティパッチは、最新にならず

今回のアップデートで、セキュリティパッチのアップデートはなく、2015-11-01のまま変更はありませんでした。

priori3s_update_20160222_4_r

ちなみに最近アップデートがあったAcer Luquid Z330では「2015-11-01」→「2016-01-01」にアップデートされています。Nexusシリーズと同様レベルでアップデートを!とは言いませんが、アップデート時点で新しいセキュリティパッチを入れてもらえると嬉しいですね。

今回は急を要したのかもしれないので致し方無いかもしれませんが、今後はセキュリティパッチに関しても更新していってほしいところです。(FREETELに限らず他のメーカーでも)

最後に

今回のアップデートの主な内容はやはりFOMAプラスエリアかと思われます。
ファーム番号から見て分かるように「freetel_FTJ152B_20160220」と、2月20日付けのファームになっています。それが22日から配信と、すぐに配信されていることからも、かなり急を要して用意したのではないでしょうか。

雅の時のスパイウェア疑惑(広告誤配信)など、致命的なネイティブ要素の修正が早いのは本当に助かります(致命的な不具合を出さないことを願いますが…)。この点は評価してもよいと思いますが、もう少し説明が欲しかったのが正直なところです。個人的には、「受信感度の調整」という言葉だけで済まそうとしているのであれば、不信感しかありません…。

以上、FREETEL Priroi 3S LTEのアップデートに関してでした。購入したユーザーは必ずアップデートしてから使いましょう!

 - FREETEL Priori 3S LTE