SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

Priori 3S LTEで使える内部ストレージの容量は?microSDカードは128GBまで公式にサポート!

   

priori3s_storage

今回は、FREETELから発売されているSIMフリーのスマートフォン「Priori 3S LTE」の内部ストレージ、microSDカードについて紹介・レビューしたいと思います。

Priori 3の内部ストレージは8GBでしたが、3Sになって2倍の16GBになりました。ライトユーザーであっても8GBだとちょっと心もとない気がしますよね(実際に使えるのは、4GBぐらい)。最低でも16GBあると安心します。

では、実際に購入直後でどれくらい空きがあるのか、確認してきましょう!

購入直後の内部ストレージの空き容量は?

内部ストレージ容量が16GBですが、システムやプリインストールされたアプリがあるので、16GBまるまる使えるわけではありません。

実際に使えるは下の画像の通り。

priori3s_storage1

合計容量が11.68GBとなっており、空き容量が10.82GBとなっています。内部ストレージが16GBの端末なので、妥当なラインですね。

内部ストレージのメーカーを確認!

どこのメーカーのストレージが使われているか確認してみました ↓

priori3s_storage2

SKハイニックスのストレージ(eMMC)のようです。

microSDカードは128GBまでサポート!

公式サイトのスペック表記では、128GBのmicroSD(microSDXC)カードがサポートされていると書かれています。

確認してみたところ、128GBのmicroSDXCで、きちんと認識しています。

priori3s_sd

最近は、128GBが手頃に手に入るようになってきたので、公式にサポートされているとありがたいですね!
またREETELに限らず、他のメーカーでも128GBまでサポートしているスマホが増えてきています。

以上、Priori 3S LTEの内部ストレージ、SDカードについてのレビューでした!

 - FREETEL Priori 3S LTE , ,