SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

Priori3 LTE、初期のストレージ空き容量はどれくらい?SDカードの仕様は?

   

priori3_storage_1

今回は、FREETELから発売されたSIMフリー端末「Priori3 LTE」のストレージやSDカードの仕様を紹介・レビューしたいと思います。

ストレージについて

Priori3 LTEは、ストレージが8GBの端末です。では、8GBのうち、初期時(購入直後)でユーザーが使える容量はどれくらいなのか、空き容量はどれくらいなのか確認してみましょう!

初期時のストレージ情報はこちら ↓

priori3_storage_2

ユーザーが使える合計のストレージ容量は「4.61GB」、空き容量が「3.81GB」となっています。8GBの端末としては、平均的な空き容量となります。

ストレージのメーカーを確認してみたところ、

priori3_storage_3

メーカーは「サムスン」でした。

microSDカードは128GBも認識!

FREETELから何GBまで認識するか公式に発表はされていないようですが、私が確認したところ、FAT32フォーマットで「128GB(microSDXC)」が認識しました。

priori3_sd_1

Priori3 LTEは、SoCがMT6735の廃価版であるMT6735Mを搭載しているので、SDカードの認識もそれなりに制限があるのかなと思っていましたが、すんなり128GBが認識しました(笑)

その他の端末でのSDカードの認識は下記にまとめてあります ↓

SDカードにアプリの移動ができない!残念…

残念なことにSDカードにアプリの移行ができません。

priori3_sd_2

ちょっと分かりにくいですが、クリックで拡大可能です。

左側はFREETEL 雅、右側がFREETEL Priori3 LTEです。OSは同じAndroid 5.1ですが、Priori3 LTEには「SDカードに移動する」ボタンがありません。

うーん…ちょっとこれは残念な仕様ですね。ただでさえ、ストレージ容量が少ない端末なので、できればアプリが移動できるとよかったかと。

FREETEL端末でアプリが移動できないものはここ最近では見かけなかったし、低価格帯の端末で必要な要素というのはFREETELは今までの経験上、分かってきていると思うので、なぜ移動できない仕様になっているのかちょっと疑問だったりも…

もちろん、写真などはSDカードに保存されるように設定できるので、アプリだけが移動できない仕様となっています。

まとめ

ストレージは、初期時で空き容量が3.81GB。SDは128GBまで認識するが、アプリの移動は出来ない!

という結果でした。

以上、FREETEL Priori3 LTEのストレージ、SDカードのレビューでした!

 - FREETEL Priori3 LTE , ,