SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

Huawei P9 lite

P9 liteのカメラ「ナイスフード」モードで写真を撮る!オート撮影(写真モード)と比較してみた!

更新日:

p9lite_camera_nice-food

今回は、Huawei(ファーウェイ)から発売された5.2インチのSIMフリー「P9 Lite」のカメラモードの一つ、「ナイスフード」モードで撮影した写真サンプルを公開したいと思います。

P9 liteのカメラには、写真(オート撮影)やプロ写真(マニュアル)、ビューティーモード、ライトペインティングなどがありますが、目玉の一つだと感じたのが「ナイスフード」というモードです。このモードで使って撮影すると、食べ物などがよりおいしく見えるような画像に仕上がります。P9 liteのカメラの中でも特に特徴ある、注目したいモードだと思います。

ということで今回は、「ナイスフード」モードで撮影した写真を紹介したいと思います!

写真で比較

単純に見ていくだけではつまらないので、「ナイスフード」モードと「写真(オート撮影)」モードで撮影した写真を比較しながら見ていきたいと思います。

サンプル写真の順番は、1枚目が「写真」モードで撮影したもの、2枚目が「ナイスフード」モードで撮影したものとなっています。写真クリック・タップすると元画像(原寸大)が表示されます。

では、比較しながら見てみてください!

p9-lite_photo_1
p9-lite_photo_2
p9-lite_photo_24
p9-lite_photo_23
p9-lite_photo_30
p9-lite_photo_31
p9-lite_photo_28
p9-lite_photo_29

「ナイスフード」モードにすると、通常のモードよりも美味しそうに見えますが、ちょっとベッタリしたような画になっているのが見て分かると思います。SNSなどで投稿する分にはフードモードにして撮影するとよいかもしれませんが、写真として残しておきたい時には通常モードの方がいいかなと私は思いました。

と言うことで、結論としては、通常モードとナイスフードモードを使い分けるのがベストといったところ。あまりにもベタっとした画になってしまうシチュエーションなら、通常モードに切り替えて撮影といった感じでしょうか。

また、「ナイスフード」モードで撮影した方が、全体的にベタっとした原色に近い色合いになることに加えて、ホワイトバランスも明るめになる傾向です(露出オーバーすぎると感じることはないですが)。

この「ナイスフード」モード、Huaweiの端末でも上位機種となるP9には搭載されていません(ただ、P9ではフィルムモードというものがあって、このモードで「鮮明な色」に設定すると、同じような色の出方になります)。また、Android 6.0 + EMUI 4.0にアップデートしたHonor6 PlusやAscend Mate 7、前機種のP8 liteにも付いておらず、「フードモード」が搭載されているのは今のところP9 liteのみのようです。

このナイスフードモードで色々な方(カメラに詳しくない一般人)に写真撮影をしてもらったのですが、なかなか好評で、特に若い女性にはSNSにアップする写真として(美味しそうに見えると)好評でした。

今回は「ナイスフード」モードを取り上げましたが、「露出が...色味が...自然体じゃない」なんてことよりも、単純に「食べ物が美味しそうに感じる」という画作りという点では非常によいかと思います。食べ物の写真をSNSなどに写真をアップすることが多い人などは、検討してみるとよいかもしれませんね!(個人的には通常モードと使い分けるのがベストと感じましたけど 笑)

以上、P9 liteの「ナイスフード」モードのサンプル写真の紹介・レビューでした!

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-Huawei P9 lite
-,

Copyright© SIMフリー遊び , 2017 AllRights Reserved.