SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

イオンスマホ FXC-5A

FXC-5AでBluetoothテザリング!速度とバッテリーの減りを検証!

更新日:

今回は、イオンスマホ「FXC-5A」で、Bluetoothテザリングをした際の速度とバッテリーの減りがどのくらいなのか検証してみたいと思います。

Blutoothテザリングには、メリットもありますが、デメリットもあります。
メリットとしては、バッテリーの持ちが「Wi-Fiテザリング」の時よりも良くなると言われています!
これは嬉しいですよね!

デメリットは、速度が遅くなることです。
MAXでも2Mbpsぐらいしか出ないと言われています。
しかし、1Mbps以上の速度が出れば、動画など見なえれば問題なく使える速度だと思っています。
これはどれくらいの速度が出るのか検証の結果が気になるところですね!

速度を測ってみました!

では、速度を測ってみましょう。

fxc-5a_bluetooth-tethering_8

左側画像がFXC-5Aです。docomo MVNOは「BIGLOBE LTE・3G」を使っています。ダウンロード速度は、1.91Mbpsとそんなに速くないですね...

右側画像がFXC-5Aから「Bluetoothテザリング」で接続したSC-01Fです。
ダウンロード速度は、0.82Mbpsと約半分ぐらいの速さになってしまいした...

ここまでダウンロードの速度が落ちると、ちょっと実用はしないかな...といったところ。
「もう少し速度が速ければなぁ〜」と。

Bluetoothテザリングの速度に関しては、多少残念な結果といえそうです。

バッテリーの減り具合は?

fxc-5a_bluetooth-tethering-9

検証方法は、Wi-Fiテザリングと同じように、radikoというラジオアプリでストリーミング再生したまま、放っておきました。

23時ぐらいから開始して、12時ぐらいでバッテリーが無くなりかけています。
約13時間で無くなるという計算で、1時間あたり約「8%」のバッテリー消費となります。
やはり、電池持ちは、Wi-Fiテザリング時よりも良い結果となりました。
しかし、「もっとバッテリーの消費が少なくてもいい(もっと電池持ちが良い)かな」とも思ったり...

Wi-Fiテザリングの時は、1時間あたり「11%」、Bluetoothテザリングの時は、1時間あたり約「8%」です。

Wi-Fiテザリングの検証結果は「FXC-5AでWi-Fiテザリング!使用感とバッテリーの持ち具合は?」で確認してみてください!

まとめ

電池持ちはWi-Fiテザリングの時より良い結果!しかし、速度を犠牲にする割には、電池持ちはそれほど良くない...

「思っていたほど電池持ちが良くないな...」と思ってしまったのは、私だけでしょうか?
個人的には、Wi-Fiテザリングの1.5倍以上の電池持ちになると思っていました...

バッテリーが残っているうちは「Wi-Fiテザリング」で使用して、少なくなってきたら「Bluetoothテザリング」というように、使い分けた方が効率的かも。

以上、bluetoothテザリングの速度、電池持ちのレポートでした!

イオンスマホをネットで購入 ↓
イオンスマホ 第2弾 geanee FXC-5A | イオンショップ icon

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-イオンスマホ FXC-5A
-,

Copyright© SIMフリー遊び , 2018 AllRights Reserved.