SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

ZTE Blade Vec 4G

ZTE Blade Vec 4GのUSBホスト機能で、SDカードから端末へデータ移行の検証と解説!

更新日:

blade-vec-4g_usb-host_sd_4

ZTE「Blade Vec 4G」には、SDカードスロットが付いていないため、SDカードが使えません。しかし、「USBホスト機能を使えば、外部接続したSDカードを使えるのでは?」と思い、検証してみました。

また、「USBホスト機能を使ってSDカードの読み込み、書き込みができるのか?」という質問が沢山きています。皆さん、気になるところなんですね!
では、検証しながら、使い方を解説していきたいと思います。

検証・解説するにあたって

今回の検証には、[SDカード] → [本体]にデータ移動(コピー)をするため、ファイルマネージャー系のアプリを使用します。

Blade Vec 4Gには、ファイルマネージャー系のアプリとして「ファイル管理」というのが付いてきます。しかし、このアプリではUSBホストで接続したSDカードの階層(データ)を表示できません。

よって、「ファイルマネージャ HD」という無料で使えるアプリを使用して解説していきたいと思います。

Blade Vec 4Gで、外部接続したSDカードのデータを読み込む

まず、SDカードに画像を入れておきます。今回、SDカードに入れておく画像はこちら。

blade-vec-4g_usb-host_sd_1

では、この画像をSDカードから端末へ移してみましょう!

blade-vec-4g_usb-host_sd_3

まずは、(USBホストケーブルとSDカードリーダを使って)SDカードと本体を接続します。
(私の使っているものは、MicroUSB端子にSDカードを直接挿せるものです。USBホストケーブルとSDカードリーダーが一緒になっています。)

blade-vec-4g_usb-host_sd_6

今回使用する「ファイルマネージャ HD」を選択します。(基本的に他のファイルマネージャー系のアプリでも操作は同じです。)

blade-vec-4g_usb-host_sd_7

立ち上がった直後の画面。ここで注意が必要です。
現在のファイルパスは「/storage/sdcard0」になっています。「sdcard0」との表記ですが、Blade Vec 4Gの「内部ストレージ」を指しています。
ファイルマネージャ HDを起動した時に、「/storage/sdcard0」の階層が表示されるのは、Blade Vec 4Gで使ったデータなどを保存するしたりする、メインのストレージになるためです。

では、USBホストで接続したSDカードを探してみましょう。
上の画像にある赤枠内の携帯マークを選択します。

blade-vec-4g_usb-host_sd_8

するとルート階層(一番上の階層)「/」エリアが表示されました。

blade-vec-4g_usb-host_sd_9

下にスクロールすると、「storage」があるので選択します。

blade-vec-4g_usb-host_sd_10

現在の階層は「/storage」となります。「usbdrive」を選択。

blade-vec-4g_usb-host_sd_11

現在の階層は「/storage/usbdrive」です。
すると、SDカードの中に入れていたデータが確認できました。

USBホストで接続したSDカードは、「/storage/usbdrive」で表示されることになります。

SDカードの中身を見ていますが、ファイルパスが「/storage/sdcard0」や「/storage/sdcard1」ではない点に注意しておきましょう。

では、SDカード内の画像データ「blade-vec-4g_usb-host_sd_1.jpg」を長押しして下しい。

blade-vec-4g_usb-host_sd_12

すると、上記のような表示になりました。
ここで「切り取り」か「コピー」のどちらかを選んで下さい。今回は「コピー」を選びました。

これで、SDカード上にある画像データを取得できました。次は、この取得データを貼り付ける場所を選択してきますよ!

blade-vec-4g_usb-host_sd_13

「File Manager」部分(赤枠内)を選択します。

blade-vec-4g_usb-host_sd_14

すると上の画面になるので、「ホームページ」を選択します。

blade-vec-4g_usb-host_sd_15

すると、「/storage/usbdrive」からBlade Vec 4Gのメイン階層である「/storage/sdcard0」の階層に移動しました。

この階層のどこかにコピーしてあげましょう。今回は、Blade Vec 4Gのカメラで撮った写真などを収める階層「/storage/sdcard0/DCIM/Camera」に保存する事にします。

blade-vec-4g_usb-host_sd_16

ペーストボタンを押すと、下の画像のようにデータが貼り付けられます。

blade-vec-4g_usb-host_sd_17

これで完了です。移動できていますよね!
実際にちゃんと移動できているかも確認してみましょう!

確認してみよう!

まずは、USBホストの解除からです!
いきなりUSBホストケーブルを抜かないでくださいね。
SDカードのデータを破損する可能性がありますよ。

blade-vec-4g_usb-host_sd_18

通知バー(アンテナや時間表示がされているエリア)を下にさげると「記録デバイスを外してください」の文字があるので、ここを選択します。

blade-vec-4g_usb-host_sd_19

OKボタンを選択します。
この状態でやっとUSBホストケーブルを抜くことができます。取り外してください。

blade-vec-4g_usb-host_sd_5

USBホストケーブルを抜いても端末上にデータが残っていれば、移動ができているってことになりますよね。

標準で付いているアプリ「ギャラリー」で確認します。

blade-vec-4g_usb-host_sd_20

「ギャラリー」を選択。

blade-vec-4g_usb-host_sd_21

この時点で見覚えのある画像が表示されていますね。 「カメラ」を選択して進んでいくと ↓

blade-vec-4g_usb-host_sd_22

移動できているのが確認できます。
赤枠内のメニューボタンを選択してみましょう。

blade-vec-4g_usb-host_sd_23

詳細情報を選択。

blade-vec-4g_usb-host_sd_24

パスが「/内部ストレージ/DCIM/〜」となっていますね。「/内部ストレージ」 = 「/storage/sdcard0」となっています。

移動できている証拠です。

まとめ

USBホスト機能で外部SDカードから端末への書き込み(読み込み)はできる!

という結果になりました。
次回は、端末からSDカードに書き込めるか検証・解説していきたいと思います。

少し淡々と解説していましたが、読んでくれた皆様お疲れ様でした!

以上、Blade Vec 4GのUSBホスト機能で、SDカードから端末へデータ移行に関してのレビュー・紹介でした!

ZTE Blade Vec 4G(ブラック/ホワイト)

価格:22,500円
(2014/10/23 14:33時点)
感想(255件)

USBホストケーブル(動作検証はしていません。)

Androidスマホに直接繋いでSDカードが挿せるタイプ(動作検証はしていません。)
私が記事で使用したのは、こちらのタイプ。

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-ZTE Blade Vec 4G
-, ,

Copyright© SIMフリー遊び , 2018 AllRights Reserved.