SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

Ascend G620S

Ascend G620Sの外観デザインの紹介!質量はかなり重い!

更新日:

ascend_g620s_12

今回は、2014年12月12日に発売されたファーウェイ(Huawei)「Ascend G620S」の外観やデザインを写真で紹介したいと思います。

ファーウェイ製の端末は、以前からAscend G6やP7を国内に投入しています。どちらもとても良い端末ですが、周波数帯の問題、価格が高すぎるなどの理由で、購入に至らなかった人も多いのではないでしょうか。ファーウェイの製品自体、受付ない人も多そうですが...

そんな中、Ascend G620Sは国内の周波数帯に合わせて、価格もエントリーモデルとして十分安い2万3540円(税込)で投入となりました。 格安スマホをデビューするにもお手頃感で、手が出しやすい端末の一つとなるのではないでしょうか。

正直、なぜG6のデザインを継承しなかったのか疑問ですが、G620Sは思っていたよりも少し高級感あふれる、良いデザインに仕上がっていると思います。

では、写真で紹介していきたいと思います。

付属品と端末デザイン

ascend_g620s_14
ascend_g620s_1

内容物は、電源アダプタ、USBケーブル、イヤホン、保証書(本体1年、電源アダプタ6ヶ月)、クイックスタートガイド、本体となっています。保護フィルムは付属してなく、本体に貼られてもいません。

ascend_g620s_2

液晶は、格安スマホとは思えないぐらい綺麗です(ZenFone 5やBlade Vec 4Gと同じレベル)。

ascend_g620s_3

イヤホンジャックは、端末の上部に。

ascend_g620s_4

右再度にボリュームボタン、電源ボタン。

ascend_g620s_15

端末の下部に、microUSB、マイク。

ascend_g620s_8

裏蓋を開けるツメ部分が右下端に。

ascend_g620s_5

スピーカー部分。背面は、エンボス加工されていて革みたいな感じに。マットなブラックで触り心地も良い。

ascend_g620s_7

カメラ、ロゴ部分。

ascend_g620s_6

背面全体像。

ascend_g620s_9

電池は内蔵型で取り外し不可。

ascend_g620s_10

カバーにボリュームボタン、電源ボタンが付いている。

ascend_g620s_13
ascend_g620s_11

全体的に丸みを帯びたデザインですが、カジュアル感よりも高級感を感じる(背面カバーのおかげですね)。

ascend_g620s_17

LEDライトもついてます。

デザインまとめ

見た目は、スタイリッシュ感はないですが、多少の高級感は醸し出していると思います。
端末の品質も良く、格安スマホ(特に国内のメーカー)にありがちな、塗装ミスや傷もない状態です(国内メーカーでは、必ず塗装ミスなどに当たっています...)。ファーウェイは世界で第3位の大手なので、一定の基準以上の品質は期待できますね。

重すぎる質量

デザインは良いのですが、気になったのは重さです。
持った時に「重たいな...」と感じたのですが、重さを計測してみると「171g」でした...。

ascend_g620s_16

バッテリー容量は2000mAhと、それ程積んでいないのに重たい端末です。これは、G620Sのデメリットと感じる部分です。

まとめ

端末の品質、デザインはなかなか良い!しかし、質量が171gと重すぎる!

デザイン、端末品質は全く問題ないし、手に持った感じも背面がラウンドしているので持ちやすく、手触りが良い端末です。
それだけに質量だけが残念...。もう少し軽くしてほしかったところです。
個人的には、質量以外は満足度が高い端末だと思います。

以上、Ascend G620Sの端末デザイン、付属品、質量などのレビューでした!

Ascend G620S検索結果を楽天市場で確認する!

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-Ascend G620S
-

Copyright© SIMフリー遊び , 2017 AllRights Reserved.