SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

イオンスマホ FXC-5A

イオンスマホFXC-5Aでベンチマーク計測!「GFXBench 3.0編」

更新日:

fxc5a_gfx_7

今回は、イオンスマホ「geanee FXC-5A」で「GFXBench 3.0」という有名なベンチマークアプリでスコアを測ってみました。

AnTuTu Benchmarkは、総合的なスコアが出ますが、GFXBench 3.0は、3Dグラフィックスのベンチマークを計測するのが主な機能となっています。

特に3Dグラフィックに弱そうなFXC-5Aですが、ベンチマークを計測してみましょう!

GFX BenchでFXC-5Aを計測してみた!

計測結果は下記の通り。

fxc5a_gfx_5

fxc5a_gfx_6

計測していたら、予想外の出来事が起こりました。
なんと、メモリ不足で高レベルテストが測定不可に!

何度テストやってもメモリ不足と言われてしまいます。
「RAM:512MBの端末なんて使ってるんじゃないよ!」
と言われているような気がします(笑)

低レベルテストは、すべてスコアが出ました。
比較対象としては、ドコモ端末の「GALAXY S2 LTE SC-03D」より少しスコアが良いぐらいです。皆さんの端末と比較してみてください!

GPUは「Mali-400 MP」と、2011年に登場した端末に搭載されているものです。かなり古いGPUですよね...。こうやって、ベンチマークの一部が計測できなかったりすと、やはり3Dは厳しいのかなと思います。2Dの描画に関しては、なんら問題ないです。

3DMARKのベンチマークでも、3D表現は厳しいという結果になりましたね。

まとめ

3D描画(3Dゲーム)などをする人は、FXC-5Aは向かないかも!

そもそも「格安SIMフリースマホ」と呼ばれている端末に搭載されているGPUは、どれも同じような性能なので、どの端末もあまりゲームとかには向かないと思います。FXC-5Aもそんな端末の1つでした。

3Dゲームをする人は、良く検討してみてください!

イオンスマホをネットで購入 ↓
イオンスマホ 第2弾 geanee FXC-5A | イオンショップ icon

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-イオンスマホ FXC-5A
-,

Copyright© SIMフリー遊び , 2017 AllRights Reserved.