SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

Blade Vec 4Gで3Dベンチマークを計測!「3DMark」編

      2015/01/25

今回は、ZTE「Blade Vec 4G」で3Dベンチマークソフト「3DMark – The Gamer’s Benchmark」を使ってベンチマークの結果を紹介します。

blade-vec-4g_3dmark_0

トータルスコアは「4600」と特に良いわけでもなく、悪いわけでもなくですが、現在発売されている格安SIMフリー端末の中では良いスコアに入ると思います。

では、早速見てみましょう!

ベンチマーク結果!

3DMarkは、3種類のベンチマークテストを選べますが、一番負荷率の高い「ice storm unlimited」を選択しています。

blade-vec-4g_3dmark_4

計測結果は下記の通り。

blade-vec-4g_3dmark_1

トータルスコアは「4600」と特に良くも悪くもないですが、現在発売されている格安SIMフリー端末の中では良いスコアに入ると思います。

ちなみに、ドコモから発売されているSnapdragon 800を搭載しているLG製の端末「G2 L-01F」はトータルスコアは「約15000」ぐらいです。3分の1以下のスコアですね…。

blade-vec-4g_3dmark_2

グラフィックスコアは「4138」、物理演算スコアは「7545」となっています。
良くも悪くもなくと言ったところで、3Dゲームなどは普通に動くレベルでしょう。(あまり高負荷の掛かる3Dゲームはキツイかも。)

以上、Blade Vec 4Gで3DMarkを使った3Dベンチマークのレポートでした!

ZTE Blade Vec 4G(ブラック/ホワイト)

価格:22,500円
(2014/10/23 14:33時点)
感想(255件)

 - ZTE Blade Vec 4G ,