Pixel 6の128GB版、初期状態のストレージ空き容量、プリインストールアプリは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回はPixel 6で初期状態でのストレージの空き容量とプリインストールアプリを紹介したいと思います。

Pixel 6は128GB版と256GB版がありますが、今回紹介するのは128GB版です。

Pixel 6はご存知の方がほとんどだと思いますが、

  1. microSDが使えない
  2. Googleフォトの無制限ストレージ特典は対象外

となっており、ストレージ選びはかなり重要です。個人的には自宅サーバーに写真をアップロードするように設定しているため128GBで事足りていますが、写真をよく撮る人や動画撮影が多い人は128GBでは足りなくなる可能性が高いです。

そのためにも初期状態でどれくらいのストレージが空いているのか確認してみましょう。

目次

Pixel 6の128GB、購入直後のストレージ空き容量は?

128GBのうち13GBが利用されていました。空き容量としては、残り115GBぐらい(実際にはもっと少なくなると思いますが)残っている形になるので、空き容量は十分だと思います。これ以上のデータ容量を利用する人は256GB版を購入することをおすすめします。

プリインストールアプリを確認

プリインストールアプリは清いですね。当たり前ですが、Google関連のものしかありません。

キャリアのスマホになるとキャリアのいらないアプリ+端末メーカーのアプリがインストールされていてうざったいですが、ここ最近のSIMフリースマホでもやたらとNetflixやFacebookなどがプリインストールされていて、いらない人にとってはうざったいですよね…。

さらにうざったいといえば、プリインストールアプリは少なくても購入直後のアプリアップデートで無駄に(勝手に)インストールされるメーカーもあったりと、なかなか嫌らしい感じです。各端末メーカーは自社端末に色々なアプリをプリインストールすることでアプリ元と金銭のやり取りが発生しているはずです。それで端末を安く提供したりするのはよいですが、やはりうざったいものはうざったい…。

PixelはGoogle謹製ということもあり、上記で説明したようなことはなく、本当に清いです。ただ、それでもGoogle謹製アプリで利用しないものがあったりする人もいるはずで、アプリがアンインストールできるようになっているといいのですが、全てのアプリでアンインストールは不可でした。

例えば、個人的にはYT Music(YouTube Music)は不要ですが、アンインストールはできません。

まとめ

全体的な感想としては、Google謹製のスマホということもあり、余計なアプリはなし、空き容量も問題なしというところでしょうか。当たり前っていえば当たり前のことかもしれませんが(笑)

microSDが利用できないのでストレージ容量は自分の用途にあったものを選ぶようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる