SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

FLEAZ F5 CP-F50aK

Covia FLEAZ F5 CP-F50aKのSoC(CPU)の動作感や機能について

更新日:

cpf50ak_6

Covia FLEAZ F5 CP-F50aKを使ってみて、少し印象に残ったことを話していきたいと思います。

動作に関して

動作に関しては、現在、CP-F03aを所有していないので何とも言えませんが、動き・サクサク度合いなどは、前機種CP-F03aと変わらないと思います。
というのは、何度も同じことを言って申し訳ないのですが、SoC(CPU)がBroadcom BCM23550 1.2GHzと前機種のCP-F03Aと変わりがないからです。
RAMが1GBになったとしても、基本的な演算処理能力は変わらないので、メモリが一杯な時(スワップしている時など)以外はそれ程変わらないでしょう。

また、格安SIMフリースマホであるイオンスマホ FXC-5Aの方が全体的にサクサク感を感じました。 低スペックの割には、テンポ良く動くと言った印象です。

FLEAZ F5 CP-F50aKもテンポ良く動く時もあり、大差はありませんが、少しテンポが遅いなと体感的に感じることがあります。 それを「モッサリ感」と呼んでいいのか分かりませんが、感覚的に遅く感じています。

実際に、ベンチマークもFXC-5Aの方が良い結果です。
AnTuTu Benchmarkでの差は5000ぐらいあります。
個人的な予想ですがfreetel nicoは、FXC-5Aと同じSoC(MT6582)を積んでくるのではと思っています。
その場合、freetel nicoの方が動作に関しては良いかもしれませんね。

あとGPUに関しては、まだ情報をブログに公開していませんが、FXC-5Aと同じようなスコアとなっています。(3DMARKで計測、そのうちアップします) なので、やはりCPUの性能の差が出ているのではと思っています。

結果的には、イオンスマホの8.5割ぐらいの性能なのかなと思いました。(9割は言い過ぎのような気がする...)
実用範囲内のモッサリ感とでも言っておきましょうか。
決して「おお〜サクサク動くじゃん!」とは思いませんが、「全然使えないスマホじゃん...」とも思いません。
たまに「ちょっと動作が遅いかも..。」っていうのが正直な感想です。

機能面はかなり良い!

MediaTek製のSoCを積んだスマホには、GPSの感度の悪さや、デュアルSIMの切り替えがめんどくさい点があります。

それに対して、Broadcom製のSoCを積んでいるFLEAZ F5 CP-F50aKは、デュアルSIMの切り替えが簡単で重宝する端末です。GPSの感度もこんなに良いとは思いませんでいた。(前機種CP-F03aってそんなに良くなかった気がしたので)

機能で選ぶならFLEAZ F5 CP-F50aKをおすすめします。

まとめ

正直、FLEAZ F5 CP-F50aKはCPUのスペックがもう少し上がれば、大満足の結果となります。
また、人によって評価が変わりやすい端末だとも思います。ある人は、スペック十分で使いやすい、ある人には、スペック低すぎて使いにくいと、ちょうど境目にある端末ですね。
友達に「どの端末がおすすめ?」と聞かれても、おすすめ端末としては中々紹介しづらい所です。(後々、「スペック低すぎて使えない」って言われたら困るのでw)

まだ触って何時間かしか経っていないので、後々評価は変わるかもしれませんが、端末検討している人は参考にしてみてください。(グダグダ記事ですいません...)

もし、動作具合が気になるようだったら、店頭で触ってから判断した方が良いですよ!

また、質問あれば受け付けるので、コメント、メールなどで連絡してくださいね!

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-FLEAZ F5 CP-F50aK

Copyright© SIMフリー遊び , 2017 AllRights Reserved.