SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

【更新6/19】gooのスマホ g02(グーマルニ)のレビュー、スペックをまとめてみた!

      2015/10/08

g02_design_03

ZTE製でBlade S Liteがベースとなっているgooのスマホ 「g02(グーマルニ)」の簡易的なレビューやスペックを記載してみました。

気になる箇所は、別記事で詳しくレビュー解説を予定しています。また、各事項で確認ができたところから、この記事もアップデート&修正していきます。

販売店 価格 発売日
goo SimSeller
楽天店
Yahoo!ショッピング店
本店
ドスパラ、ヨドバシ、ビックカメラの一部店舗
20,000円(税別) 2015年4月22日から受付開始(発送は5月1日からの模様)

スペック、確認事項一覧

項目 結果
OSバージョン Android 5.0.2
動作感 非常にサクサク動いて、全く問題なし。
液晶の質 液晶は文句なしに綺麗。
色温度も適切(多少青色寄り)で、2万円という価格の割には非常に良い。IPSなので、視野角も問題ない。というより、視野角は非常に広くて良い。
個人的に、この液晶品質は買ってよかったと思えた。最大輝度(液晶の明るさ)は格安スマホでは標準的(キャリア端末ほど明るくはないが、最大輝度が暗いと言われているZenfone 5よりも明るい)。
タッチ感度 マルチタッチは最大10点。感度は非常に良い。
SIMの種類 nanoSIMなのでご注意!
デュアルSIM
国内の場合、SIM1のみ対応。SIM2に入れても使えない。通知バー部分には、必ずSIM1とSIM2のアンテナピクトが表示される。
SIM2は国内で使えないので、SIMカードが入っていない時はアンテナピクト(SIMが入っていないことを示すマーク)が表示されない仕様だと良かった(freetel priori2 LTEは表示されない)。
SDカードへアプリの移動 可能。microSDは最大32GBまでの仕様だが、64GBも使用可能でした(保証はしません)。
セルスタンバイ問題 セルスタンバイの使用率は高く、圏外時間100%表示でした。よってセルスタンバイ問題は起こっていると判断。しかし、セルスタンバイ問題が原因で電池の減りが異常に早くなるということはなく、全く問題ない。
セルスタンバイによるバッテリーの消費 全く問題なし。電池持ちは良好。
ストレージの分割と容量
ユーザーが使用できる領域の合計容量は4.2GB、購入直後の空き容量は3.51GBでした。
ストレージはSAMSUNG製で、モデルはQN1SMBです。
GPSの感度と精度
A-GPSダウンロード後に計測。すぐに衛生を掴み、その5秒後ぐらいに測位し、感度はかなり良い。精度も問題なし。ズレは非常に少なかった。
電池持ち 特に問題なし。後日レビュー予定。
ナビゲーションキー
発光あり。メニューボタンとバックボタンは左右の入れ替えが可能。
カメラ画質
なかなか綺麗。
個人的には、g03よりもg02の方が自然な発色で好み。
重量測定 計測したところ約136gでした。公表では約132g。
ボリュームは十分でるし、音質も特に問題なし。格安スマホの中でも「標準的な音質」と言ってよいのではないでしょうか。スピーカー音は個人的にはZenFone 5の方が好みでした。
端末の質感
「iPhoneに似ている」とよく言われます。確かにパッと見は似ていますが、よく見ると質感は違います。やはり2,3万円という、お値段なりの質感&作りです。背面のシルバーは塗装によるもので、少し安っぽく見えたりします。
値段を考えると、個人的には満足度できるレベルですが、実物を見るとガッカリしてしまう方もいるかも…。(格安スマホの中では良い方だと思います。)
付属品
USBケーブル、電源アダプタ、クイックスタートガイド、保証書。
簡易的なフィルムが付いていました。ただ、フィルムとして使えるものではないので、液晶フィルムを別で買った方が良いでしょう。簡易的なフィルム内にゴミも付いてたり…
文字入力ソフト iWnnがプリインストールされている。
通話音質 良くも悪くもなく。至って普通。
マイク 良好です。
Wi-Fiテザリング
可能。継続時間は約10時間程度でした。
Bluetoothテザリング
可能。継続時間は約12時間程度でした。

不具合・不都合について

【2015年5月12日】内容を多少変更しています。

項目 結果
気になった点:
CPUのベンチマークのスコアが軒並み悪い…
AnTuTu Benchmarkは非常にスコアが良いのですが、CPU専用のベンチマークアプリ(QuadrantやCPU prime Benchmarkなど)は非常にスコアが悪いです。同じSoCを搭載している端末と比べてみても雲泥の差です。私の端末だけかな? 不具合ではないですが、多少気になりました。

【アップデートで解決済】モバイルデータ通信が不安定、なかなか繋がらない

「モバイルデータ通信が確立するまでかなり時間が掛かる」「Wi-Fiや機内モードをオフにした時に、しばらくモバイルデータ通信が出来ない」などの症状があります。

この症状は、gooのスマホだけでなく、Lollipop(Andorid 5.x)搭載の他の端末でも起こっている現象のようです。ただ、他の端末よりも明らかに繋がりが悪く、機内モードからモバイル通信などに戻した際に、20分以上繋がらない時もありました。

対処方法はこちら ↓
Lollipop(Android 5.x)端末でネットワークが繋がらない、不安定な時の対処方法

【追記:2015/06/19】
アップデートでかなり改善されました。

アップデート内容はこちら ↓
g02、g03がアップデート!APN、モバイルデータ通信が大幅改善!かなり使いやすくなったよ

アンテナピクトの表示がおかしい

アンテナピクト(データピクト)が、データ通信ができないにも関わらず、「3G」や「4G」のマーク表示されます。このような状態になる時は、「Wi-Fiや機内モードをオフにして、モバイルデータ通信に切り替えた時に、頻度が高く起こりました。3Gや4Gのマークが出ていますがモバイルデータ通信ができず、データ通信がどのような状態になっているのか分かりません。

詳細はこちら ↓
g02/g03でアンテナピクト(データピクト)が表示されているのに、モバイルデータ通信に繋がらない!

各ベンチマーク

項目 結果
AnTuTu Benchmark ver5.7 21588
3D MARK Ice Storm Extreme: 2563

ベンチマークレビューはこちら ↓
gooのスマホ g02(グーマルニ)で各ベンチマークを計測してみました!

スペックを各アプリで確認!

スペック確認のために、Antutu Benchmark、CPU-Zでのスペック一覧を貼っておきます。参考にしてみて下さい。

Antutu Benchmarkのスペック一覧

g02_antutu_spec

CPU-Zのスペック一覧

g02_cpu-z_1
g02_cpu-z_2
g02_cpu-z_3

まとめ

2万円という価格からして、本当に素晴らしい出来だと思います。コスパが高いことは間違いないでしょう。

ただ、Blade Vec 4Gやここ最近のSnapdragon 400を搭載している端末から乗り換える価値があるのかと言われると、「ない」と思います。良くなることは間違いないですが、劇的に変化するわけでもないです。

個人的に良かったと感じたのは「液晶」です。ホワイトを非常にナチュラルなホワイト(多少青色寄りだと感じますが)で発色してくれます。他の同じ価格帯の格安スマホより液晶は良いと感じました。

ただ気になる点として、APNの設定しているのに、モバイルデータ通信がしばらく繋がらなかったり、不安定な状態となります。この問題はgooのスマホだけでなく、Lollipop(Android 5.x)の他の端末でも起こるようで、Lollipop側の問題のようです(IIJが主催しているIIJmio meeting 7では、Android 5/5.1でAPNサーチ問題について発表されていましたが、まさにそのような感じです)。

ただ、他のLollipop端末よりもネットワーク周りがより不安定だと感じます。

このように、ネットワーク周りで多少手こずりますが、全体的な仕上がりは非常に良く、オススメしたい端末の一つとなりそうです!

【追記】
最新アップデードでネットワーク周りも非常に快適になりました。不具合らしい不具合は潰されており、素晴らしい端末の一つとなりました!個人的にも、コスパの優れた一台と感じており、非常にオススメしたい端末の一つです!

 - gooのスマホ g02(グーマルニ)