SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

DTI SIMの無制限プラン「ネットつかい放題」のメリット・デメリット・評価レビュー。キャンペーン期間中の契約がオススメ!6ヶ月間は980円割引に。6月30日まで

      2016/07/13

dti-sim_1

7月に入ってからかなり遅くなっています。1Mbps前後で、遅いと感じることが多く、記事内容と速度が異なっていますので、ご注意下さい。

皆さん、格安SIM使っていますか?
うちのブログを見てくれている方は、ほとんど格安SIMでの運用が多いのかなーと思っていますがいかがでしょうか?

格安SIMについては、月額料金がかなり安いので良いイメージだったり、通信速度が遅すぎて「安かろう悪かろう」と思っている方など、人それぞれ印象が違うと思います。

私は「安かろう悪かろう」と思いながら使っています(笑)。これ、重要ですよね!?

月額料金が安い分、ユーザー増加や帯域不足などによって品質が悪くなるのは当たり前の結果!!と割り切るのが大事かなと!

今までは、キャンペーンで最大6ヶ月(または9ヶ月)割引を行なっていた「mineo(マイネオ)」の格安SIMを複数回線契約していたのですが、キャンペーンもそろそろ終了するってことで2回線だけ残して解約しました。縛りがないって素敵ですね(笑)

で、キャンペーンで安く契約できることを前提にmineoの代わりになる新しい格安SIMを探していたところ、6ヶ月間「3GBプラン」は無料に、「ネットつかい放題プラン」は980円割引になる「DTI SIM」のキャンペーンがあり、「3GBプラン」と「つかい放題プラン」を契約してみたのですが、これがなかなかよかったので紹介したいと思います!

DTI SIMのキャンペーン

dti-sim_20160612_1

SIMフリーや格安SIMに興味がある方はもうすでに知っていると思いますが、紹介したいと思います。

「DTI SIM」では、「3GBプラン」と「ネットつかい放題プラン」だけキャンペーンが行われており、月額料金が6ヶ月間割引になります。割引額は各プランで異なり、後ほど解説します。キャンペーンは6月30日まで。

キャンペーンサイト「DTI SIM」を半年間おトクに使える“どっちもおトク!キャンペーン”

「3GBプラン」の割引額、月額料金は下記の通り ↓

項目 データプラン データSMSプラン 音声プラン
通常の月額料金 840円 990円 1,490円
キャンペーン期間の月額料金
(半年間)
0円 0円 0円

「ネットつかい放題プラン」の割引額、月額料金は下記の通り ↓

項目 データプラン データSMSプラン 音声プラン
通常の月額料金 2,200円 2,350円 2,900円
キャンペーン期間の月額料金
(半年間)
1,220円 1,370円 1,920円

「3GBプラン」は半年間、音声・SMS付き・データ専用のどれを選んでも月額料金が「無料」となります。音声SIMの場合は「月額1,490円」ですがこれも半年無料。1,490円x6ヶ月=8,940円の割引となります。割引率が他の格安SIMよりも高く、かなり良いキャンペーンになっていると思います!

「ネットつかい放題プラン」は5月末から開始されたプランです。データ専用プランなら、キャンペーンで半年間は「月額1,220円」で使えるということで、無制限の格安SIMの中では最安値となります。キャンペーンが終わっても、月額2,200円と比較的無制限SIMとしては安い方です(ぷららモバイルの無制限は月額2,980円)。

ただ音声プランの場合は、申し込みから12ヶ月以内に解約すると契約解除料として「9,800円」(税抜)掛かります。この点は注意してください。データ(データSMS)プランはこのような縛りが全くありません。

事務手数料として3,000円(税抜)必要なので全く無料ではないですが、キャンペーン自体、かなり良いキャンペーンではないかと思います。

ネットつかい放題を実際に使ってみての感想

個人的にDTI SIMのキャンペーン自体は良いのですが、それ以上にDTI SIMの使い心地がかなりよいのが、今回紹介する最大の理由です。

なんか思っていたよりも快適すぎて、格安SIMで不満を持っている方(特に無制限の格安SIMに不満な方)や、キャリアから移行しようにも「安かろう悪かろうじゃな…」と思っている方にお試ししてもらいたいところです。

一応断っておくと、格安SIMは、現時点で快適に使えても、今後(未来)も快適かどうかは未知数です。そのまま快適に使える場合もあるし、遅くなることもあります。これ故「安かろう悪かろう」なのですが、そこについては責任が持てないのでご了承を。

無制限とその他のプランでは速度や規制は異なる?

私は「ネットつかい放題プラン」「3GBプラン」の両方を使っています。

「無制限のネットつかい放題プランは、3GBプランなどの一般的なプランとは違い、速度が遅くなるようになっているのかな?」と思ったのですが、同時に使ってみたところ、どちらも速度に違いは全くありません。

あと最近よく問題視されているスピードテストブースト(速度測定アプリだけ良い速度がでるようになっている)ですが、無制限プランの「ネットつかい放題プラン」と「3GBプラン」で違いがありませんでした。

なので速度に関しては、無制限の「ネットつかい放題プラン」であっても、他のプランと代わりは全くありません(3日間制限は異なります)。

速度の評価は?

で、速度についてですが、やはり格安SIMとあって「DTI SIM」でも混雑する時間帯は速度が落ちます。よく言われているのは、平日のお昼休みと夕方以降や朝のラッシュ時間帯が遅くなると言われます。

ただ、使っていて思うのは、他の格安SIMよりは快適に使えること。

特に他の格安SIMの無制限プランは本当に使えないレベルの速度しかでないので、お金をドブに捨ててるようなものですが、DTI SIMのは、現時点(2016年6月10日)でかなり快適に使えています。

特に個人的に使いたい時間帯は夕方以降です。この時間帯では下記のような速度結果でした。

dti-sim_20160612_3

下りが3〜7Mbpsと快適に使える水準です。無制限SIMで、この時間帯にこの速度が出ているのは「DTI SIM」だけです。

無制限SIMは「ぷららモバイル定額無制限」、「ヨドバシカメラオリジナル ワイヤレスゲートSIM Fonプレミアムプラン」、「U-mobile LTE 使い放題」、「b-mobile SIM 高速定額」も使用していますが、これらの格安SIMは混雑する時間では本当に使い物にならないぐらいの速度です…。

6月13日の12時台は下記の通り ↓

dti-sim_20160613

お昼休みの時間帯(特に12時30分前後)も、「DTI SIM」は他の格安SIMよりも快適でした。下り2Mbps〜と、ネットサーフィンなどは余裕で使えます。

平日でも混雑しない時間帯(10時とか16時とか深夜)では、下り10Mbps超えも多く快適そのものです。

平日だけでなく、休日も快適です。6月12日(日)に計測した結果 ↓

dti-sim_20150612

一番回線が混み合うであろう夕方以降でも快適

結果は、土日も含め、どの時間帯も快適な速度が出ているのではないでしょうか。やはり平日のお昼休みの時間帯は速度が落ちますが、他の格安SIMと比べると全然マシというか快適に使える方ですね。

また何より良かったのは、どの時間帯でもYouTubeなどのストリーミング動画が比較的快適に使える点です。というのは、最近多いスピードテストブーストなどは行なっておらず、体感でも快適に感じます。スピードテストで良い結果がでていても、体感で遅いと感じる格安SIMは存在するので、DTI SIMで無制限の「ネットつかい放題」でこれだけ快適に使えるのが意外でした。

ただし、いつまでも快適に使えるかは格安SIMの性質上、未知数です。今後遅くなる可能性もあります。
これだけは理解しておいて下さいね。

3日間規制の基準値はあやふや?

DTI SIMには、「直近3日間のデータ通信量によって低速(最大200kbps)に規制」という仕様になっています。

ただ、「ネットつかい放題」プランに関しては、使用量があまりに多すぎると規制に掛かるのですが、明確な規制値というのは発表されていません。

ただし、こちらのように記載があります。

・ネットつかい放題プランは、通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなることがあります。(制御後の速度は上り下りともに200kbps以下)制御は毎日0:00に解除されます。なお、現在の利用者様の平均利用容量から換算すると、1日もしくは連続する2日の通信総量が1~3GB程度であれば制御対象にあたりません。また、DTI SIMサービスの設備上の帯域利用状況によっては、3GB以上ご利用可能な場合もあります。

引用元:ご注意事項 | DTI SIM (通信の制御についての項目)

明確にしてなくても、「1日もしくは連続する2日の通信総量が1~3GB程度であれば制御対象にあたりません。」とあるので、これ以上使うと、規制があることは確かだと思います。

規制に掛かっている方がいました ↓

この方は1日で3GB以上使っているようですね。
無制限SIMですが、一定量の通信を行うと規制があることは十分に気をつけてください。自分の利用方法と合っているか確かめましょう。

DTI SIMのメリット

DTI SIMをしばらく使ってみて、メリットと感じたところは下記の通りです。

  • 時間帯によっての(体感的な)速度差が少ない(どの時間帯でも快適)
  • 帯域制御を行なっていない(動画なども快適)

と、キャンペーンに加え、他2つが理由で総合的にDTI SIMがオススメと思った次第です。

速度の上下幅が少ない

繰り返しになりますが、格安SIMは時間帯によっての速度差が非常に激しいのが事実です。朝10時ぐらいは快適に使えていても、12時になると遅い、夕方も遅い、深夜は快適など、時間帯によって速度差があります。

DTI SIMは、この速度差が他の格安SIMと比較すると少なくて、どの時間帯でも比較的安定しているのが特徴かなと。

お昼休みの時間帯はどの格安SIMでも速度が落ちますが、他の格安SIMでは極端に遅くなるものが多い(例えば11時には10Mbpsだったのが12時には0.4Mbpsなど)のに対して、DTI SIMは振れ幅が少ない(11時に7Mbpsだったのが12時に2Mbpsぐらい)なく、12時台も快適に使えます。

これは一つのメリットではないでしょうか?

通信の最適化や帯域制御は行なっていない模様

そしてもう一つ、これが結構重要です。
先ほど述べたように、実際に使ってみて「帯域制御」を行なっていないところが「DTI SIM」のよいところです。

「帯域制御って何?」という方に簡単に説明すると、一定の通信に対して速度を制御していることです。例えば、スピードテストアプリでは5Mbpsだったのに、ストリーミング動画を再生したら速度が1Mbpsぐらいに制御され、全く快適に観れないなど、速度が調整(制御)されていることを指しています。

私は10〜20社ぐらいの格安SIMを使っているのですが、多数の格安SIMではこの帯域制御を行なっています。IIJmioやmineoなど行なっていない格安SIMもあります。MVNOによって異なりますが、Google Playのアプリダウンロードを制御している格安SIMがかなり多いと思います。それにYouTubeなどの動画再生やダウンロードなどが制限されています。

YouTubeやアプリのダウンロードなど通信量を大量に消費するものに関しては、格安SIMはデータ容量が少ないプランを契約している人(例えば、1GBプランや3GBプラン)が多いと思われ、YouTubeなどは使わない、Wi-Fiで済ませるという人の方が多いでしょう。

そう考えると、あまり帯域制御の被害を受ける方は少ないと思いますが、「ネットつかい放題プラン」に関しては「無制限」だけあって、YouTubeなどを観たい人などデータ通信が多くなることが目的で契約する人がほとんどだと思われます。そうするとやはり帯域制御が無いほうが使いやすいのは間違いありませんね。

今のところ「DTI SIM」では帯域制御を行なっていないと思われ、体感的にも快適です。比較的回線が空いている時間帯では、YouTubeの画質720pで全く止まらずに再生でき、かつ、バッファが溜まっていく一方でした(混雑する時間帯では720pでの再生はちょっと厳しいかもしれませんが…)。

DTI SIMのデメリット

次はデメリットを紹介したいと思います。

  • トップスピードは決して速くない
  • アプリがない
  • (直近3日間のデータ通信量で低速規制)

トップ速度は決して速くない

トップスピードは他の格安SIMと比べると劣ります。場所や条件で異なりますが、私の環境では速い時でも10Mbps程度(他では30Mbpsとか)です。まあ、実用上で体感的に遅いと感じることがないため、特に気にはなりません。

ただ、トップスピードがそれほど速くはないことで困る場面があるとすると、何GBもあるデータのダウンロードする時などでしょう。速度がでない分、時間が掛かります。でもそれぐらいかなと。固定回線がある方は、Wi-Fiでダウンロードすれば問題ないでしょう。

アプリが無いのは残念ポイントかも…

アプリが無いのは、格安SIMを今まで使ってきたユーザーならば痛いところかもしれません。すぐにデータ残量を見たりすることができないのは、ちょっと残念(Webサイトで確認することになります)。

3日間規制

3日間規制に関しては、他の格安SIMでは設定していないことがほとんどなので、若干、デメリットになるかもしれません。しかし、考え方を変えると、大容量を1人で使うユーザーがいれば、他のユーザーに迷惑を掛けることになります(帯域幅を独り占めするため)。それを抑止するためには、3日間規制はあったほうがよいのかもしれません。

まとめ

格安SIMの評価はその時々で異なってくるものですが、2016年6月10日時点では、DTI SIMはかなり良い格安SIMです。私の場合、端末が多いので、格安SIMも必然的に多く契約しているのです(全ての端末にSIMを入れたい派)が、DTI SIMは他の格安SIMよりも速度でイライラするような場面がなく、快適に使えるというのが最大のおすすめポイント。

無制限プランが始まってから、一度かなり遅くなったのですが、すぐに増強があって速度が回復しました。

今後もこのまま快適に使えるならば、非常にオススメしたい格安SIMです。

また音声SIMのオプションで、「5分間なんどでもかけ放題」となるオプションが月額780円で登場しています。個人的ですが、格安SIMをメイン端末で運用するには、音声通話プランでかけ放題がないと使う気にはなれないと思っていたのですが、DTI SIMでは“そのまま電話”(専用アプリやプリフィックス必要なし)しても5分間無料で掛けれることができるため、選択肢の一つになりました。専用アプリやプリフィックスが必要なく、通常の電話アプリで掛けることができるので、VoLTE対応端末なら、VoLTEで通話ができます。

と、かなりいい感じなので総合的におすすめなのですが、その上、今はキャンペーンをやっているので、かなりおすすめしたいところ。かなり安く試せる機会だと思います!試してダメだった時も最小限の出費で済むのが良いですね。

キャンペーンサイト「DTI SIM」を半年間おトクに使える“どっちもおトク!キャンペーン”

無駄に出費をしたくない方なら、3GBプランを契約して6ヶ月間は月額料金無料で試してみるのがオススメ(事務手数料で3000円は掛かります)。無制限で使いたい方も、お試し価格で6ヶ月間は月額1,220円〜と、現状の速度を維持していればかなりコスパが良いものです。

是非、お試しあれ!

追記:6/12
初稿時に3GBプランとネットつかい放題プランのキャンペーン金額が逆になっていました。申し訳ございません。現在、修正済みです。

 - 格安SIM