SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

Polaroid piguでWi-Fiテザリング!電池持ちはどれくらい?

      2015/03/02

pigu_wifi-tethering_0

今回は、Polaroidから発売されているSIMフリー端末「pigu(ピグ)」のWi-Fiテザリングについてレビューしたいと思います。

piguを親機として、Wi-Fiテザリング時の電池持ちを検証してみました。piguのバッテリー容量は1,400mAhとなります。

検証に関しての条件は下記の通り。

  • 格安SIM「IIJmio」データ専用、SMSなしのSIMカードを使用。
  • 子機にする端末は、au端末 isai LGL22。
  • Wi-Fiテザリング接続で、音楽をストリーミング再生で流しっぱなし状態に。バッテリーが切れるまでの時間を計測。
  • piguはスリープ状態(画面を消灯)

では、検証結果を見ていきましょう!

検証結果

検証結果は下記の通り。

pigu_wifi-tethering_3

Wi-Fiテザリング時、バッテリー消費の全体図。
では、詳しく確認してみましょう。

pigu_wifi-tethering_1

計測開始時刻は21:53です。

pigu_wifi-tethering_4

翌日の03:47時点でバッテリーの残り残量は1%でした。しかし、ここから少し粘る形で…

pigu_wifi-tethering_2

バッテリーが切れた時刻は、04:13となっています。
なので、約6時間6分の電池持ちとなりました。1分あたり約0.27%、1時間あたり約16.2%のバッテリー消費という結果に。

バッテリー容量が1,400mAhなので、標準的な電池持ちとだと思います。1,700mAh搭載のfreetel priori2が約8時間22分だったので、相対的に見ても標準的かなと思います。また、ほぼ同スペックのFXC-35も約6時間程でしたので、結果としては全く問題ないでしょう。

まとめ

Wi-Fiテザリングの電池持ちは約6時間6分!
1時間あたりのバッテリー消費は約16.2%!

小型なので、ちょっとしたモバイルルーター代わりに使用しても良さそうですね。

以上、Polaroid piguで、Wi-Fiテザリングの検証レビューでした!

 - Polaroid pigu ,