【その1】Pixel 6のカメラはシリーズ最高峰か!? Pixel 5a(5G)と撮り比べてみた – カメラモード偏

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Pixel 6シリーズが発売されました。Google独自のSoC「Tensor(テンサー)」が搭載され、話題ですがもう一つPixel 5シリーズから大きく進化したのがカメラ。

今回はPixel 3シリーズからPixel 5シリーズを代表して現在も販売されている「Pixel 5a (5G)」と「Pixel 6」の写真画質を比較してみたいと思います!

Pixel 3からPixel 5シリーズはイメージセンサー全て同じSony IMX363(1/2.55インチ、1.4µmピクセル幅)で、基本的にメインカメラの進化はそれほどありません。望遠カメラがあったり、超広角カメラがあったり、スペクトルセンサー、フリッカーセンサーがある機種、ない機種と多少の違いはありますが、メインカメラに関しては画作り、画質はほぼほぼ同じと見てよいでしょう。

“Pixel 3シリーズから同じイメージセンサー”と聞くと「え?そんな古いの使ってるの?画質が悪いのでは?」と思われますが、AIによる画像処理のためか絵作りが非常に上手く、今でも全く衰え知らずのすばらしい写真を撮ってくれます。

そんなカメラの代表としてPixel 5a (5G)を今回は選びました。(本当はPixel 5と比較したかったのですが、Pixel 6の登場で販売終了となっており、今購入できるのはPixel 5a (5G)となっています。)

Pixel 6ではイメージセンサーが「1/3.1インチ」と大幅にサイズアップしています。他のメーカーでもフラッグシップモデルに採用するようなイメージセンサーサイズです。これによりPixel 5よりも光量を150%多く取り込めるようになっているそうで、そこら編で差をかんじられるのか比較しながら確認してみましょう!

では、比較してみたいと思いますが、まず、両者のカメラスペックを確認しておきましょう。

目次

Pixel 6、Pixel 5a (5G)の主なカメラスペック

Pixel 5a (5G)の主なカメラスペック

  • イメージセンサー:Sony IMX363(1/2.55インチ)
  • 1220万画素
  • F値1.7
  • ピクセル幅:1.4µmピクセル
  • 画角:77度
  • デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 光学式および電子式手ぶれ補正機能

Pixel 6の主なカメラスペック

  • イメージセンサー:ISOCELL GN1(1/3.1インチ)
  • 5000万画素(5000万画素のセンサーだが、ビニング技術で1250万画素の画像になる)
  • F値:1.85
  • ピクセル幅:1.2μm
  • 画角:82度
  • LDAF(レーザー検出オートフォーカス)センサー
  • OIS(光学式手ぶれ補正機能)
  • スペクトル センサー
  • フリッカー センサー

Pixel 5a (5G)とPixel 6ではスペクトルセンサーやフリッカーセンサーなどの違いがあります。

大きな違いとして画素数の違いはありますが、画角がPixel 5a (5G)が77度に対してPixel 6は82度となっており、同じ位置から撮影した場合は画角が狭いPixel 5a (5G)の方が物が大きく写ることになります。

また、F値はPixel 5a (5G)は1.7、Pixel 6は1.85となっており、イメージセンサーのサイズが同じサイズの場合はPixel 5a (5G)の方がF値が小さいのでボケやすいのですが、Pixel 6のイメージセンサーが大型化したので背景などはPixel 6の方がよりボケやすくなっています。

撮影条件など

画像サムネイルはリサイズされた画像になります。サムネイルをタップ・クリックすると原寸大の画像が表示されるので原寸大の画像で確認してみてください(データ容量が大きいのでモバイル回線を利用している方はご注意ください。Wi-Fi環境をおすすめします)。

今回撮影している写真は等倍での撮影、露出などは全てオート設定となっています。

Pixel 6とPixel 5a (5G)を「メインカメラ」で撮り比べ。

▲どちらも解像度は問題なし。スマホでもかなり高い解像度です。

▲ Pixel 6はPixel 5a (5G)よりもシャドウ部分がより明るくなる傾向でした。Pixelシリーズはどれも自動的にHDRが効いてきますが、個人的には雰囲気としてはPixel 5a (5G)の方が好み。

▲ Pixel 6は緑被り寄り、Pixel 5a (5G)は赤被り寄り。

▲どちらもかなりよく写ってますが、Pixel 6の方がより絵になるというか、この日は優しい日差しだったがそれが充実に再現できており、花の黄色さなどがその時の空気感そのもの。

▲どちらもディティールはしっかりとしています。

▲ 一つ前の写真の中心部分を原寸大で見てみましょう。若干の差ですがPixel 6の方がより解像していると感じました。まあ、逆にPixel 5a (5G)は古いイメージセンサーなのにここまで解像しているのはすごいな…と、Pixel 5a (5G)の方に驚きです(笑)

▲見比べてみると背景のボケ方の違いが分かると思います。また、色味も少し違いますね。Pixel 5a(5G)の方が綺麗に見えるかな…ただ色の忠実性はPixel 6。

Pixel 6、Pixel 5a (5G)のメインカメラ比較まとめ

さて、ここまでメインカメラの写真をみてきましたが、いかがだったでしょうか?

野外での撮影の場合、解像度に関してはどちらも申し分なしでスマホなどで見る分にはどちらも同等。また、実寸サイズで確認してみても解像度に関してはどちらも同じぐらい、どちらがよいとは言い難いというのが個人的な印象です。(本当に若干の差でPixel 6の方がよいのかなと思いましたが。)

Pixel 5a (5G)とPixel 6ではメインカメラの画角が違うため、多少の違いはあるかもしれませんが、両機種とも本当によく撮れています。正直、Pixel 5a(5G)の凄さを感じることができたのではと思います。

色味に関しては、両者でほんの少しですが異なります。Pixel 5a(5G)はPixel 6と比べて赤被り寄りになることが多く、Pixel 6は緑被り寄り。

写真がめちゃくちゃ色かぶりしているというより、比較してみないと分からない程度の色かぶりなので、基本的に気にすることないと思います。

「どちらが好みか?」と聞かれると、好みは分かれるかもしれませんね。個人的にはPixel 6の方が好みです。

また、Pixel 6の場合、色温度変更を撮影時に調整できるスライドバーがあります。色かぶりが気に食わないようだったら調整することができます。そういった意味ではやはりPixel 6の方が使い勝手がよく、自分好みの絵作りができそうです。

画角の違いもありますが、一番大きな違いとしては「ボケ」。Pixel 6の方がよりボケやすくなっています。これはセンサーサイズが大きいことが要因だと思われます。

では、次回は「ポートレート」「超広角カメラ」「夜景モード」を比較してみたいと思います。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる