Amazon Prime VideoでHD再生できなかったXiaomiやPixelシリーズがベータ版で再生可能に!Widevine L1端末が対応という印象。アマプラ次期バージョンアップで正式対応か?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

やったぜー!!!

今までAmazon Prime Video(以下、アマプラ)でWidevineがL1にも関わらず、HD再生できなかった機種がアマプラのベータ版でHD再生が可能となっています。

現状の正式版ではアマプラのHD再生ができるかどうかは、Widevine L1セキュリティだけではなく、アマゾンの裁量によって決まっています。

それが今回のベータ版ではWidevineがL1セキュリティの端末全て(筆者が所有している最近の端末で検証)でL1であればHD再生ができました!

目次

Widevineとは?

「Widevine」って聞いたことがあるでしょうか?多くの人はあまり気にしていない、知らないと思われます。

「Widevine」とは、簡単に説明するとGoogle社による動画のコンテンツ保護規格です。

この「Widevine」は3段階の保護セキュリティレベル「L1」、「L2」、「L3」で区分けされており、最もセキュリティ強度が高いのはL1、一番低いのがL3となっています。

「L1だとどうなのか?」というのが重要ですが、簡単に表現しれば、端末のWidevineがL1ならL3に比べて「より多くのコンテンツを不自由なく観れる、より高画質で見える」ということになります。

Netflixの動画はWidevineがL1であればどの端末でもHD画質で見れますが、アマプラの場合はL1であってもHD再生できない端末が多いのが現状です。それが、今回紹介するベータ版ではアマプラでもL1であればすべての機種でHD再生ができるようになっているのです。

アマプラ(ベータ版)でHD再生を検証してみた

検証した端末は下記の通り。

Widevine 「L1」セキュリティ端末

  • Pixel 5a (5G)
  • Xiaomi Mi 11 Lite 5G
  • Xiaomi Redmi Note 10 Pro
  • Xiaomi Redmi 9T
  • OPPO Reno A
  • Motorola P8 Lite Power
  • TCL 10 Pro

Widevine 「L3」セキュリティ端末

  • OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 AはWidevineが以前はL1だったのがいつしかL3になっています。それ以外は全ての端末でL1となります。

確認してみた

今回はPixel 5a (5G)で紹介したいと思います。

ベータ版は設定のところで「ベータ版」と記載あり

今回インストールしたベータ版は3.0.308.3757

HD再生が可能であれば、ストリーミング・ダウンロードで最高画質で1.82GB/時(端末によって異なります)となっており、HD再生できることが確認できます。

もちろん、再生してみるとHDで再生できており左下部分に「HD 1080p」や「HD(高画質)」との表示がされます。(スクリーンショット画像はキャプチャすると閲覧している動画で著作権の問題がありそうなので省略)

HD再生できない時の容量は?

HD再生ができない場合は、ストリーミング・ダウンロードで最高画質で0.46GB/時(端末によって異なります)となっており、容量がガツンと少ないのが分かりますね。

ベータ版はどうやってインストール?

そのうち正式版がリリースされると思いますが、それまで待てない方はベータ版に登録、インストールしてみましょう。

ベータ版を利用するには、Google PlayでAmazon Prime Videoを検索します。

ベータ版テストへの参加

タイトルがAmazon Prime Video(ベータ版)に

ベータ版テストへの参加という項目があるので、こちらの「参加」を押します。ベータ版は人数制限があったりもするらしいので、誰でもが試せるわけではないかもしれません。

「参加」を押してからしばらく待つ必要があります。個人的には30分ほど待つと、ベータ版がインストール可能な状態になっていました。ベータ版が降ってくると上記画像のように「Amazon Prime Video(ベータ版)」となるので、更新を押してベータ版をインストールすれば、作業完了です。

まとめ

元々、アマプラではWidevineがL1セキュリティであることが必須、そのL1の端末でもHD再生できるかはAmazon側の裁量でした。L1だったにもかかわらず、多くの端末で弾かれてHD再生ができない状態が現状です。

そして、今回、ベータ版で対応していたのは下記の通り。

HD再生可能になった端末(全てWidevine L1セキュリティ端末、今までは全てSD画質だった)

  • Pixel 5a (5G)
  • Xiaomi Mi 11 Lite 5G
  • Xiaomi Redmi Note 10 Pro
  • Xiaomi Redmi 9T
  • OPPO Reno A
  • Motorola P8 Lite Power
  • TCL 10 Pro

HD再生不可だった端末

  • OPPO Reno5 A【WidevineはL3】(以前はL1だった…)

個人的に確認したところ、WidevineがL1の端末は全てHD再生可能だったので予測でしかないですが基準がWidevine L1水準となってのではないかと推測できます。

こうなると今まで軒並み対象外だったXiaomi端末のほとんどでHD再生できることになり、Xiaomiユーザーは歓喜ですね!またPixelユーザーも多くの端末で対象となるはずです。

残念なことにOPPO Reno5 AはL3に成り下がっているためか、やはりベータ版でもHD再生にはならず…残念としかいいようがありません…。

2世代前のOPPO Reno AはL1でHD再生可能です。やはり基準はAmazon独自の基準ではなくWidevineがL1かどうかという基準になったことが推測できますね。

今回はベータ版での検証です。なので、次のバージョンアップリリースの正式版で対応しているかと思われます。多くの方がアマプラでHD再生が可能になれば、かなり嬉しいですね!

特にXiaomi Pad 5でもHD再生可能との報告がちらほらあるのでXiaomi大勝利ですね!特にaliexpressでセールで購入した方はよい買い物だったのでは!?

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる