SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

FLEAZ F4s 端末の検討

Coviaが「FLEAZ F4s」を発表!4インチ格安スマホで、12月10日から9900円で発売!

更新日:

fleaz-f4s

Coviaが格安SIMフリー端末「FLEAZ F4s」の名称で、4インチの小型な端末を新たに発売します。 型番は「CP-F40s」で、販売開始は2014年12月10日、価格は9,900円(税別)となります。

まずは、スペックを確認してみましょう!

スペック一覧

OS Android 4.4
CPU クアッドコアプロセッサ 1.2GHz
ROM 4GB
RAM 512MB
ディスプレイ 4インチ / WVGA(480x800)IPS液晶
SDスロット microSD カード × 1(SDHC 対応)
SIMスロット 標準SIMスロット × 1
MicroSIMスロット × 1
(SIMは切替式)
3G(W-CDMA) 2100/800MHz
GSM 850/900/1800/1900MHz
無線LAN IEEE802.11b/g/n 準拠
テザリング Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリング対応
Bluetooth Bluetooth version 4.0
カメラ メインカメラ:200万画素 / フロントカメラ:30万画素
GPS A-GPS
準天頂衛星(QZSS)の「みちびき」に対応。
バッテリー 電池パック 1350mAh、取り外し可能
サイズ 124×64.5×9.2mm
質量 約106g
fleaz-f4s_1

現時点で分かること

  • イヤホンジャック、microUSBジャックは端末の上部にある。(写真から判断)
  • SoCはMediaTek製かも(写真のアンテナピクト部分が、MediaTekの表示)、でもクロック数が1.2GHzなのでBroadcomかも...。SoCはBroadcomです
fleaz-f4s_2

写真と実機は違うかもしれないので必ずとは断言できませんが、SoCはMediaTekの可能性もあります。 ただ、Coviaが開発しているSIMスケジューラーなどはBroadcomのSoCに最適化しているはずなので、コスト的にはBroadcomの方が良いはず。 そして、CPUのクロック数は1.2GHzなので、Broadcomのような気もしています。(1.3GHzだとMediaTek製のSoCのラインナップに存在する)
SoCに関しては、分かり次第追記します。

追記:2014/11/14
CoviaよりBroadcomのSoCとの回答を頂きました。

FLEAZ_F4s_soc

本体のカラーは「ホワイト」の1色のみですが、別売りでカラフルな保護カバーを発売予定(12/末頃予定)とのこと。また、別売りのカバーにはストラップホイールが付いているそうです。うれしいですね。値段が気になります。

サブ端末としては十分で、価格的にも良さそう!

Android 4.4搭載ということで、基本的にRAMが512MBでも問題無く使用できます。また、解像度も低い端末なので512MBで十分だと思います。わたしもイオンスマホ第2弾のFXC-5A(RAM:512MB)を使用していますが、メイン端末として使用しても、何の問題もないくらいです。

ROMは4GBとなっており、メイン端末で使用するのには多少物足りないぐらいの容量です。やっぱりサブ機ぐらいの感覚で使う端末かもしれませんね。 また、FLEAZ F5がSDカードにアプリを移動できないので、FLEAZ F4sも出来ない気がします。

価格も税込み10,692円(税別9,900円)となかなかお手頃価格です。直感的に安いと思った人も多いのではないでしょうか。

小型4インチ、周波数帯はドコモに最適化されているし、サブ端末として、または主に電話をメインとした用途であれば、かなり使いやすそうですね!

あ、あと、Coviaの端末なので、安心感があります。

気になった人はチェックしてみてください。

情報源:

予約が開始されています ↓

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-FLEAZ F4s, 端末の検討

Copyright© SIMフリー遊び , 2017 AllRights Reserved.