SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

端末の検討

SIMフリー端末を使う理由とおすすめの格安SIMフリースマホ

更新日:

simfree

今回は、今話題の格安スマホ、特に格安SIMフリー端末について少し考えてみたいと思います。
端末検討に役立てればと思います。

ここ最近、イオンの格安スマホなど、安く売っているSIMフリー端末が話題になっていますよね!ここで疑問が。

「別に格安SIMフリー端末じゃなくて、白ロムでいいのでは?」

ってこと。

なぜ格安SIMフリー端末を使うのか疑問じゃないですか?
その理由を記していきます!

SIMフリー端末を使う理由

この理由は明確です。

テザリングができること!

白ロムよりもSIMフリー端末を使う一番の理由だと思います。
docomo MVNOの場合、白ロムだとテザリングできません!

もちろん、SIMフリー端末なので海外でも使うこともできます。

白ロムより安い?「格安」SIMフリー端末

安く売っているSIMフリー端末が、続々登場しただけあって、それだけ需要があるのかなあ〜と思っています。
でも、よくよく考えてみると決して「格安」とは言えない端末も...。

まあ、とりあえず、格安SIMフリー端末と呼ばれている部類のSIMフリー端末を安い順で、リストアップしてみました。
価格に関しては、実勢価格と予定価格です。

  • イオンスマホ geanee FXC-5A : 16,329円
  • Covia FleaPhone CP-F03a : 18,500円
  • freetel nico : 19,224円
  • StarQ Q5001 : 26,780円
  • ポラロイド LINEAGE : 28,728円
  • Ascend G6 : 32,184円
  • freetel LTE XM : 32,184円

と、格安SIMフリー端末って結構多いですね。

で、「格安」なのに「ちょっと高いのでは?」と違和感を感じる金額の端末もあります。
白ロムと比較しながら見ていきましょう!(参考までにですが、白ロムのハイエンド機でも今は約2万5千円〜3万円ぐらいで買えます。)

もっとも高い金額の端末は「Ascend G6」と「freetel LTE XM」です。
正直、3万オーバーは、キツイですね。
LTE端末だとしても、LTEの対応周波数帯が少なかったりします。白ロムと比較した場合、スペックが違いすぎて割高感があります。
2万円前半ぐらいが買いやすい金額だと思います。

そして、3G端末の「StarQ Q5001」と「ポラロイド LINEAGE」も割高だと感じます。
たしかに品質に関しは、「ポラロイド LINEAGE」は良い部品を使っていると思います。(ディスプレイなど)
けど、やっぱり3G端末で約2万6千円なら、ハイエンド端末の白ロムの方が良いよね...と思っちゃうわけで。

で、白ロムと比較して割安感(まあ、この金額なら良いかな)がある端末は、「geanee FXC-5A」「Covia FleaPhone CP-F03a」「freetel nico」の3つです。

一番安く買えるのが「geanee FXC-5A」で1万6千円台、「freetel nico」は2万円以下で買えます。
このぐらいの金額でようやく買っても良いかなと思えますね。

freetel nicoはまだ発売されていません(9月発売予定)が、geanee FXC-5Aよりもスペックアップしています。
1GBのRAM、8GBのROMとgeanee FXC-5Aの倍のスペックなので、気になりますね!

まとめると、格安SIMフリー端末を購入するならば「geanee FXC-5A」「Covia FleaPhone CP-F03a」「freetel nico」の3端末がおすすめ!

ということになります。白ロムと比べて、スペックが落ちる分コスパは悪いですが、端末代金は2万円を切っているので初期投資を安く上げる事ができます。

まとめ

格安SIMフリー端末を購入検討するのは、テザリングが必要な人か、初期投資を安くしたい人。
けど、初期投資を安くしたい人は、格安スマホだけでなく、白ロムでも検討してみるとよいですよ。
約2万円で買える高スペックのdocomo白ロムにはL-05E などがあります。

「StarQ Q5001」「ポラロイド LINEAGE」「Ascend G6」「freetel LTE XM」は割高すぎて、おすすめできません。
テザリング用途の人は、「geanee FXC-5A」「Covia FleaPhone CP-F03a」「freetel nico」がおすすめです!

以上、おすすめ格安SIMフリー端末でした!

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-端末の検討

Copyright© SIMフリー遊び , 2018 AllRights Reserved.