SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

イオンスマホ FXC-5A

FXC-5AでBluetoothテザリング!待ち受け時の電池持ちはどれくらい?

更新日:

fxc5a_bluetooth-tethering_waittime_3

FXC-5Aを親機(サーバー側)にしてBluetoothテザリングの設定をした状態で、テザリングをしていない時(待ち受け時)のバッテリー消費を検証してみました。

今回の記事内容は、お問い合せよりご質問頂いた内容となります。
Bluetoothテザリングは、Wi-Fiテザリングと比べて、電池持ちが良くなるのがメリットですよね。また、電池持ちが良いので常にBluetooth接続をONにしておきたいものです。(通信するたびにON/OFFの切り替えはめんどくさいですよね)

そこで、Bluetoothテザリングの待ち受け時のバッテリー消費を計測して欲しいというのが、今回のお問い合せ内容です。

では、検証結果をみていきましょう!

Bluetoothテザリング待ち受け時の電池持ち

fxc5a_bluetooth-tethering_waittime_2

検証するにあたって、子機にはisai LGL22を使いました。
また、FXC-5Aとisai LGL22は一定の場所に置きっぱなしにし、途中で何度かBluetoothテザリングが切れていないか、データ通信をしてみて確かめています。

では、お馴染みのバッテリー計測アプリBattery Mixで見てみましょう!(画像拡大できます。)

fxc5a_bluetooth-tethering_waittime

電池持ちは約36時間という驚異的な結果がでました!これは凄くないですか?個人的にビックリですよ。

上のグラフを見てもらうと、8月13日ぐらいから電池持ちが一気に悪くなった感じがします。電池が約50%ぐらいからです。特に何かしたわけではないので、理由はわかりませんが...
それにしてもバッテリー消費が少なく、電池持ちが良いと思います。

36時間で0%と言うことで、単純計算すると1時間で「約2.77%」と、ほとんどバッテリー消費がありません。

また、Bluetoothテザリングが途中で勝手に切れていたりすることもなく、正常に動作していました。

まとめ

Bluetoothテザリングを設定したままの待ち受け時間は「36時間」との結果に!1時間で「約2.77%」のバッテリー消費!

常にBluetoothテザリングをONの状態で全く問題なしですね。いちいちテザリングをON/OFF切り替えるのは非常にめんどくさいです。FXC-5Aの場合は、切り替えなしで常にONの状態で使うことができ、多少なり使い勝手が良くなりそうですね。

以上、Bluetoothテザリングの待ち受け時の電池持ちに関してでした!

イオンスマホをネットで購入 ↓
イオンスマホ 第2弾 geanee FXC-5A | イオンショップ icon

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-イオンスマホ FXC-5A
-,

Copyright© SIMフリー遊び , 2017 AllRights Reserved.