SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

イオンスマホ FXC-5A

イオンスマホFXC-5AのSocやSystemを確認してみました!

更新日:

今回は、イオンスマホ「geanee FXC-5A」のSocとシステムを確認してみました。

確認するためのアプリとして「CPU-Z」を使っています。
このアプリも内部を確認するのにおすすめです!

まずは、SoCから見てみましょう!

SoCはmediaTek MT6582

SoCって何のことだかわかりますか?
私もSoCって言われても、チップ...CPUやGPUとかなんかいろいろ一つにまとめたチップ....?
ぐらいにしか分かっていません...

なので、詳しくはこちらを参照してみてください ↓
SoC(System-on-a-Chip)とは - IT用語辞典 e-Words

まあ、チップのことですね!笑
では、CPU-Zで確認してみましょう!

fxc5a_cpu-z_0

見ての通りMediaTek製の「MT6582」を搭載しています。
このモデルは、低スペック端末でよく見かけるモデルです。
ポラロイド LINEAGE(リネージュ)やStarQ Q5001もこいつを使っています。

CPUは「ARM Cortex-A7」で、4コア(クワッドコア)積んでいます。特徴として、省電力なことが上げられます。 確かにFXC-5Aは、電池持ちが良いです。CPUのおかげ?

また、Qualcomm社のSnapdragon 400にも同じCPUが使われています。

そしてGPUは「Mali-400 MP」です。
このGPUは、どっかで見た事あるなと思ったら所有していたau端末「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」がそうでした。
ISW11SCが2012年1月20日発売のものなので、約2年以上前のものになります。
かなり古いですね...

スペック上は、低スペックってことは再確認できたと思います(笑)
でも、低スペックだからって使えないわけじゃないですよ。全然実用的な端末です。
今のハイエンド端末が、オーバースペックなんですよね〜。

システムを見てみよう!

システムはどうなのか見てみましょう!

fxc5a_cpu-z_1

モデル名や製造業者などから、解像度、メモリ、ストレージの情報などが分かります。

製造業者もここで確認できるわけですが、Foxconn International Holdings Limitedとなっています。
鴻海精密工業(Hon Hai Precision Industry Company Ltd)の子会社です。

また、トータルのRAMは456MB、ストレージも2.54GBと表示されていますね。(少ないな...といつも思ってしまう)

こうやって、スペックを眺めるだけでも結構楽しかったりします(笑)

まとめ

SoCは非常に優秀だと思います。スペックをこうやって確認すると、低スペックだなと感じますが実際に使用していると、スペックの低さはほとんど目立ちません。
ただ、RAMが456MB、ROMが2.54GBと少ないのは否めないですね...

今回の記事は、何がしたかったのか意味不明かもしれませんが、一応SoCやスペックの確認ということで...

以上、CPU-ZでSoCとシステム確認のレポートでした!

イオンスマホをネットで購入 ↓
イオンスマホ 第2弾 geanee FXC-5A | イオンショップ icon

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-イオンスマホ FXC-5A
-,

Copyright© SIMフリー遊び , 2018 AllRights Reserved.