SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

端末の検討

BLUEDOTが格安なSIMフリー端末「BNP-500」を10月中旬に19980円で販売予定!

更新日:

bnp-500k

BLUEDOT株式会社が格安なSIMフリー端末「BNP-500」を10月中旬に19,980円(税込)で販売予定となっています。

まずは、スペックを確認してみましょう。

スペック一覧

外形寸法(幅×高さ×厚さ) 145×72.8×8.6mm
本体質量 152g(バッテリーパックを含む)
マイクロプロセッサ クアッドコア ARM Cortex-A7 1.3 GHz
動作メモリー(RAM) 1GB
内蔵ストレージ 4GB
外部ストレージ microSDカードスロット(128GBまで確認)
ディスプレイ 5.0インチ(IPS方式)
画面画素数 1280×720画素
バッテリー 容量:2000mAh
連続待受時間:約300時間
連続通話時間:約480分(W-CDMA)/約720分(GSM)
充電時間 約4時間(電源オフ時)
通信方式 W-CDMA 800/2100MHz
GSM 850/900/1800/1900MHz
SIM カードスロット 2スロット(W-CDMA用+GSM用)
W-Fi IEEE802.11b/g/n
Bluetooth バージョン4.0
テザリング機能 対応(Wi-Fi/Bluetooth/USB)
カメラ 前面200万画素
背面800万画素
GPS 対応
センサ 重力/照度/近接/磁気
スピーカー モノラル
外部端子 micro USB端子×1
ヘッドホン端子×1(イヤホンマイク対応)
電源 専用ACアダプター
入力:AC 100V~240V 50/60Hz
出力:DC 5V 1A
オペレーティングシステム Android 4.4.2
マーケット Google Playストア
アプリケーション GMSアプリ(Gmail、Google+、Googleマップ、Playゲーム、
Playミュージック、Playムービー&TV、Playブックス、
Playニューススタンド、YouTube、Chrome)など
付属品 ACアダプター、USBケーブル、充電バッテリーパック、
イヤホンマイク、簡易操作マニュアル、保証書

freetel nicoに激似スペックの端末ですね。違いはROM容量ぐらいでしょうか。
SoC(CPU)は、アンテナピクト部分を見るとMediaTek製であることが分かります。なので「MediaTek MT6582」を搭載していると思われます。

1万円後半の格安SIMフリー端末の中では、特に目立つ部分(特徴)もなく普遍的な端末でしょう。そして気になるのは、この端末はarchos 50b oxygenとデザイン・スペックがほぼ同じです。archosはフランスのメーカー。archosのOEMなのかな?

画像を比較してみました。
BLUEDOT BNP-500の画像はこちら。

bnp-500k_2

bnp-500k_1

archos 50b oxygenの画像はこちら。

archos_50boxygen

デザインやスピーカ、カメラ、センサーの位置が同じですね!多分OEM製品だと思います。

まとめ

今の時期に発売する端末でROM:4GBしかないのはデメリットですが、パフォーマンスは良さそうですね!検討する端末に加えてもよいかもしれません。

リンク先:

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-端末の検討

Copyright© SIMフリー遊び , 2017 AllRights Reserved.