SIMフリー遊び

格安スマホを中心に、SIMフリー端末のレビューや比較・検証した記事を書いています

StarQ Q5002

StarQ Q5002のデュアルSIMは、片方が国内で使えない「GSMのみ」の仕様...。

更新日:

starq-q5002_main_1

StarQ Q5002は、LTE端末でデュアルSIMとの情報だったので、どちらのSIMスロットでもLTEが使えるのだと思っていましたが、実際には違いました。 SIMスロットの1つは「GSMのみ」と言う仕様になっています。 

確認してみよう!

両スロットに格安SIMを挿入した状態です。

starq-q5002_sim_1

SIM1、SIM2両方ともON状態に。

starq-q5002_sim_2

それぞれのSIMカードを確認してみると、「SIM1」は「NTT DOCOMO LTE」の文字が確認できます。左側のアンテナピクトが「SIM1」のアンテナピクトですが、立っているのが分かりますね。

starq-q5002_sim_3

「SIM2」は「UNKNOWN」となっています。「SIM2」にSIMカードを挿入しているにも関わらず、右側のアンテナピクトは立っていません。

starq-q5002_sim_4

では、それぞれの[モバイルネットワーク設定]を見てみましょう。

まずは、「SIM1」の優先ネットワークタイプ部分を確認すると「TD-SCDMA/GSM/WCDMA/LTE」の記載があります。この部分を選択してみると ↓

starq-q5002_sim_5

優先ネットワークタイプは、ユーザーが好きな方を選択することができます。

では次に「SIM2」を見ていきましょう。

starq-q5002_sim_6

SIM2は、優先ネットワークタイプが選べない状態になっています。はじめに2つともSIMを有効にしました。
しかし「SIM2」の優先ネットワークタイプは選択することができず「優先ネットワークモード:GSMのみ」の記載があります。

まとめ

現時点(2014/09/30)で国内での使用の場合は、SIMスロットは1つしか使えないことになります。
もしかすると今後アップデートで両方使えたりするのかもしれませんが、現状では無理ということです。

なので、デュアルSIM端末がほしいからStarQ Q5002を購入しようと思うと痛い目に合います(笑)この仕様はかなり残念な結果となりました。アップデートで使えるようになってほしいな...

以上、StarQ Q5001のデュアルSIMの仕様についてでした。

StarQ Q5002が1万5800円で販売中!
詳しくはイオシスのサイトへ ↓
TJC StarQ Q5002 ブラック | イオシス

おすすめ記事

1

昨今の国内SIMフリー市場は、HUAWEIとASUSの2大市場になってきていますが、その中でも今回かなりよいと感じたのが、HUAWEI nova lite。 実際にずっと使ってみて良かった部分やデメリ ...

-StarQ Q5002
-

Copyright© SIMフリー遊び , 2017 AllRights Reserved.