Pixel 6のメリット・デメリットをリストアップ!総合評価は満足できる機種でした

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Pixel 6を購入してしばらく利用し、色々とメリット・デメリットが見えてきました。

現段階で総合評価としては「最高じゃん」の一言。デメリットも沢山ありますが、それでも個人的には満足できる機種となりました。では、メリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

目次

Pixel 6のメリット・デメリット(随時更新中)

Pixel 6のメリットはこれ!

  • 8GB/128GB版が7万4800円はカタログスペック的に普通だと感じたが、実際に使ってみるとコスパよいと感じるレベル
  • 写真の画質は最高峰でかなり良い
  • 「カメラモード」で(オート撮影で)RAW保存可能
  • カメラモードで色温度の変更が可能
  • 文字起こし機能の精度がなかなか高い
  • カメラの出っ張りがあるが、机に置いても筐体が安定している(かくかくしない)
  • 安定したさくさく動く動作感
  • 防水・防塵 IP68
  • おサイフケータイあり
  • 3年間のOSアップデート、5年のセキュリティパッチ提供
  • ワイヤレス充電に対応

Pixel 6のデメリットはこれ!

  • 指紋認証が不評。精度がよくない、反応しない人が多数いる
  • 重い
  • ディスプレイの色合いが若干黄色寄り
  • 最大輝度が暗い、野外で見にくい
  • 4k60FPSは強制終了しやすい
  • プリセットAPNの少なさ。APNタイプに注意が必要
  • 一部のアプリでカクカクしたりすることがある(アプリ側の最適化不足か?)
  • ゲームメインの機種ではない
  • Andorid 12のUI設計が微妙…
  • 5Gの対応バンドが微妙
  • micro SDが利用できない
  • Googleフォト無制限ストレージ特典なし
  • 充電は30W?個人調べでは約18Wぐらいしかでない…

【メリット1】Pixel 6のカメラ(写真の仕上がり)は素晴らしい、これに尽きる一台

写真の解像度、色合いどれをとっても素晴らしいPixel 6。画質を重要視する人にはもちろん、手軽にサクッと使えるカメラを求めてる人もにもおすすめ。

特にこだわる人におすすめなのが、RAW撮影が「カメラ」モードで可能な点。自分で明るさや色温度、コントラスト比などが自由に変えれるRAW撮影ができるため、一眼レフユーザーなど、アマチュアカメラマンにもおすすめできそうです。

通常他社メーカーの場合、「プロモード」でしかRAW撮影ができなかったり、RAW自体対応していない機種もあるのでこれはメリットに。

ディティールのよさ、その時の雰囲気(日が沈む前ぐらいに撮影)をうまく表現

画質は流石に良くハイスペック機種の中でも高評価な意見が多く、個人的にも高評価。ただ、Pixel 5a (5G)もなかなかすごくて、全体的には全ての項目で若干Pixel 6の方がよいけど大差はありません。それぐらいAIによって画像の最適化が上手いということが言えそうです。

もちろん、新機能などがあるのでPixel 6の方がおすすめですが、予算的に….と思う方はPixel 5a (5G)も検討してみるとよいかもしれません。

【メリット2】Pixel 6の文字起こし精度はかなり高く、実用レベル!

正直、文字起こしの精度がここまでよいとは思っていませんでした。一般人があまり文字起こし機能が必要な場面は少ないと思われるのであまり気にならない機能かもしれませんが、これはすごいの一言…。

まあ、たまにしっかりと聞き取れていないこともありましたが、十分実用範囲な印象です。

ただ、一般人には使う場面があまりないことに加え、Pixel 6シリーズではなくても利用可能です。アプリで「声文字変換&音検知通知」(提供はResearch at Google。Goolgeが実験的なアプリ開発リリースするプロジェクトの名称で実質Google)とうものがあり、こちらも同じように高精度で音声を文字に変換してくれます。よって、Pixel 6シリーズだけにこだわるほどではありません。

【メリット3】Pixel 6は3年間のOSアップデート、5年のセキュリティパッチ提供

最近はハイエンド機種でメジャーアップデートやセキュリティパッチの提供する期間が伸びてきている機種が多くなってきた印象です。

シャープのAQUOSシリーズでは発売から2年のOSアップデート、3年のセキュリティーパッチ提供。サムスン電子のGalaxyシリーズの一部端末(S10以降のフラッグシップモデル)で3世代分のOSアップデートを提供。同じ時期に発売されたXiaomi 11T / 11T Proでは3世代分のOSアップデートと4年間のセキュリティパッチを提供と大手の各メーカーはそれなりにアップデートを保証してきています。

そんな状況なので特別Pixelシリーズがアップデートが優れているとは言えませんが、それでもセキュリティパッチ更新はどこよりも早く、おおよそ1カ月単位でアップデートがあることなどは優位です。(他社メーカーだとセキュリティパッチ更新があるにしても数ヶ月に1回しかしなかったりするところが多い)

Pixel 6の場合、発売当初のOSはAndorid 12なのでメジャーアップデートはAndorid 13 / 14 / 15まで行われる予定です。また、セキュリティパッチが5年なので端末寿命を迎えるまで更新があると考えても問題なさそうですね。

【デメリット1】ディスプレイ周り(輝度、色合い、色彩設定など)は他メーカーの方が断然よい

Pixelシリーズはいつもそうだったと思いますが、直射日光下で見にくい印象です。他メーカーでは満足な最大輝度になっているのですが、今回のPixel 6でも見にくいという印象が残りました。一応高輝度モードというのが自動で適用されているようですが、それでも見にくい…かなと。

色合いは若干黄色寄りで気にある人は気になるかも。個人的には許せる範囲なので問題ないですが、ここにこだわりがある人はちょっと厳しいかもしれません。実機を見てから購入しましょう。

ディスプレイの色彩の設定も3パターンしかなく、自由にカスタムすることができません。なので、若干黄色寄りの色味を青白く変更したりすることはできず自由度は少ないです。

ディスプレイに関しては、Xiaomiのミッドレンジクラス以上の機種(Redmi Note 10 ProやMi 11 Lite 5G)の方が断然良いと感じました。

【デメリット2】ゲームをするなら他の機種をおすすめする、ゲームのために買う機種ではない

ベンチマークでは非常に良い結果をだしているPixel 6シリーズですが、個人的にゲームをガチでするための機種ではないかなという印象です。まあ、ガチ勢はiPhoneやiPadを選ぶと思いますが…

お遊び程度でゲームをするには特に問題ないと思います。CoDMをお遊び程度でプレイしますが、解像度低でFPS最大で難なくプレイできています。高解像度をするとプレイ中のFPSが30ぐらいに落ちる(解像度低だと60FPSで張り付いている)ことが多々あるのでガチ勢には厳しいかなと思います。

また、本体横向きでプレイするとカメラの出っ張りが邪魔になる人もいるかなという印象です。

【デメリット3】ビデオ撮影で4k60FPSは強制終了しやすい

これは高負荷なので致し方ない部分もあるかもしれませんが、4K60FPSでのビデオ撮影で端末温度の上昇に伴い、いきなり強制終了してしまうことがあります。

これは私が所有しているPixel 5a (5G)でも同じですが、Pixel 5a (5G)の方がもっと酷い感じかなという印象で、Pixel 6はそれほど強制終了にならない印象です。とはいっても、端末温度がそれなりに上がっている状態(カメラやビデオ撮影を何度かした後)、部屋の温度25度ぐらいでビデオ4K60FPSでの撮影を始めたところ約3分で強制終了しました…。

冬場は問題なく利用できそうですが、夏場で野外での撮影はかなり厳しいのでは?というのが個人的な感想です。

追記:気温17度ぐらいの環境で4K60FPS撮影は10分以上でも強制終了せずに利用できています。なので、夏場の気温が高い時はやはり強制終了しやすいという感じでしょうか。冬場などは問題ないと思われます。

【デメリット4】指紋認証は反応しない人が多い印象。保護フィルムによっても異なる

追記:2021年11月17日 – アップデートがありました。以前よりも改善しています。

指紋認証に関しては多くの報告があり、かなり酷評が多い印象です。大体分かっているのは保護フィルムなしではほとんどの人が認証可能、保護フィルムを付けると保護フィルムの種類やガラスの厚み?透過度?で認証できる人、できない人とさまざま。

現状では結局認証しやすい保護フィルムを利用するしかない状況です。Google側も指紋認証の問題は認知しているようです。

指紋をスキャンできない場合、画面保護シートが原因である可能性があります。Made For Google 認定の画面保護シートを使用しているかどうかをご確認ください。互換性のある画面保護シートについては、Made For Google メーカーのウェブサイトをご覧ください。

指紋で Google Pixel のロックを解除する – Pixel Phone ヘルプ

Made For Google認定で認定されている各Webサイトで「Screen Protector」と探していてください。国内販売されているものはなさそう…

指紋認証が遅いのは、Pixel 6の指紋認証は強化したセキュリティアルゴリズムを利用してるため、より多くの時間がかかる時があるとしています。

追記:2021年11月17日 – アップデートがありました。以前よりも改善しています。

どんな機能を求める人におすすめか?

Pixel 6はどんな人におすすめするのか?といえば、「カメラの使い勝手、画質は最高峰を求めるけど、価格が抑えらているハイスペック機種」を求めている人。

すべてハイエンド機種のカメラを利用して比較したわけではないので一概には言えませんが、ここまで色合いや解像度なども含めて満足いくカメラを備えており7万4800円から購入できる機種は他にはないと思います。

ただ、カメラの画質だけを求めている人はPixel 5a (5G)でもいいかもしれません。全体的にちょっとの差でPixel 6の方が良いですが、それでもPixel 5a (5G)はハイエンド機種に劣らないぐらい素晴らしい画質です。

正直、コスパの良さでは同時期のXiaomi 11T Proの方がよいですが、カメラは全般的にPixelの方が上手。望遠を求めるとPixel 6 Proになってしまいますが、「それじゃ高すぎる!と思う人、望遠は要らないという方にPixel 6はおすすめできます。

Pixel 6 Proとスペック的に大きな違いがありますが、価格差が4万円ぐらいなので高すぎると感じる人も多いかなという気がします。

Pixel 6シリーズは超ハイエンド級というより、ハイエンドだけどSoCのTensorの処理能力はドルハイに近いハイエンドという感じかなという印象を受けました。少しゲームとかが弱い印象です(Tensorに対する最適化ができてないだけかもしれませんが)。

どの端末よりも早いアップデート、セキュリティパッチの提供も魅力的ですよね。

デメリットは多数ありますが、それでもPixel 6は全体的に満足度が高い機種で、特にカメラを重視する人に全力でおすすめする機種でした。

【余談】カメラのよさを求めるが、最高画質じゃなくてもいいと感じるならPixel 5a (5G)もおすすめ

少しPixel 6の話からずれてしまいますが、快適に動作する端末、ゲームはしない、カメラの画質はハイエンド級という条件でよい方はPixel 5a (5G)も検討すべきです。

Pixel 5a (5G)はAndroid 12になってから動作がワンランク快適になった感じで、正直動作感はPixel 6とさほど変わらず。ベンチマークテストの結果は大きな差がありますが、ゲームをしないのであれば基本的な日常生活で必要なことならかなり快適に利用できるレベルです。

また、カメラに関しては晴天時の撮影は同レベル、それ以外、特に低照度、暗所での撮影などではPixel 6の方が上手です。が、上手なのは上手なのですがものすごく差があるかといえばそうでもなく。ほんの少しの差というのが本音でPixel 5a (5G)のカメラでもかなり満足できるレベルです。

最先端を求める、カメラも画質が重要という人にはPixel 6をおすすめします。カメラモードで色温度が変更できたりする機能や消しゴム機能などは今のところ(2021年11月現在)Pixel 6シリーズでしか提供されていません。

Pixel 5a (5G)を所有しており、Pixel 6とかなりの差があったらPixel 5a (5G)は手放そうかなと思っていましたが、思っているよりもPixel 6と大差がないのでこのまま利用してもよいと思ったのが本音です。Pixel 6を買ったら、Pixel 5a (5G)のパフォーマンスのよさも際立ったというところでしょうか。

もちろんPixel 6を押したいところですが(笑)、Pixel 5a (5G)も検討してみるといいかもしれません。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる